いろいろこだわってみる(☆グルメ・コーヒー・DIY☆)

自分の興味あるいろいろな話題についてのこだわりを書きます。 美味しいコーヒー、店、料理も自作するグルメなページです。 気になったお菓子のメモいろいろなメモ代わりのブログです。 最近家作りを始めました!!
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土居コーヒーの11月のコーヒーセットで5種類セットを
知人と共同で買いました。

  今月のコーヒーはコーヒー勝負です。各商社が一番美味しいコーヒーを持ち込んで
競争させようという、時々やる企画ですね。詳細は先日このブログで書いていますので、
そちらを参照してください

 その説明を抜粋しますと。原本はここ

この中から今日のコーヒーは

兼松(株) 武井氏 エントリー銘柄
ダテーラ農園 イエローリザーブ(ブラジル)
5点種類セットでないと飲めない銘柄です
香り コク酸味 苦味甘味
  


このコーヒーについての説明は、原文はここ
(兼松 武井氏コメント):コーヒーを選ぶときにも、大切にするべきポイントがある。私はそう考えています。
それは言葉にすると陳腐ですがやはり「愛」です。

コーヒーは取扱いの仕方次第で品質が大きく劣化する可能性があります。

栽培方法、精選方法、保管方法、そして海を越えて日本での焙煎方法、家庭での抽出に至るまで、我々の口に入るまでいくつものハードルがあり、そしてどの工程においても手抜きは致命傷となります。

この流れに関わる人間それぞれが愛情を込めて運ばなければ、品質はいとも簡単に悪くなってしまうのです。

この考えから私は今回このダテーラ農園の中でも若き農園スタッフ パスコール氏が作り、鑑定士・カルロス ボルゲス氏が味を見て紡ぎだされたダテーラ農園の中でもトップ品質に限定した「イエローリザーブ」をご提案いたしました。

バスコール氏とカルロス氏は、コーヒー業界としては全世界で初めて、麻の袋ではなく真空パックとダンボールにコーヒーの生豆を詰めて出荷することを発明しました。

結果長い航海も、倉庫での保管にも耐え、採れたてのフレッシュネスをキープすることに成功。彼らのもの作りにかけた情熱が、ブラジルの大地で豆と共にパックされ、土居珈琲さんの手で開封され、上質のアロマとなって昇華するのです。

ダテーラ農園 → 兼松→ 土居珈琲さま → 会員さま、今日も愛情のバトンは繋がれています。


パッケージはこれです
ダテーラ農園 イエローリザーブ


豆はこれ。これもフルシティーです。
ダテーラ農園 イエローリザーブ


粉と蒸らしの比較です。3人分で膨らみます
ダテーラ農園 イエローリザーブ
ダテーラ農園 イエローリザーブ



飲んだ感想は
苦味がほとんど感じられなくて、酸味も少ないです。
甘味とコクが良く感じられます。
ブラジルの香りも土居コーヒーの焙煎とあわさって良いです。
ブラジルアマレロのように、ミルクが入っているようなクリーミー?
好きな味ですね。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yossieblog.blog78.fc2.com/tb.php/518-fa02dddd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。