いろいろこだわってみる(☆グルメ・コーヒー・DIY☆)

自分の興味あるいろいろな話題についてのこだわりを書きます。 美味しいコーヒー、店、料理も自作するグルメなページです。 気になったお菓子のメモいろいろなメモ代わりのブログです。 最近家作りを始めました!!
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土居コーヒーで頼んだ二個目です
マチャレ農園(タンザニア)です。つまりキリマンジャロです。


説明はこんな感じです。

今回ご紹介する銘柄には、テーマがあります。

そのテーマとは、タンザニア産 キリマンジャロ銘柄の真の味わいを、ご堪能いただくということです。

この農園はタンザニア国、キリマンジャロ山の南西部の斜面にかけての地域に位置しています。キリマンジャロ山ふもとには数多くの農園が存在しますが、このマチャレ農園はその中でも、最も標高の高い場所に位置しています。

この農園は肥沃な火山灰土壌に恵まれており、また山より吹き降ろす冷風が、激しい寒暖の差を作り出しています。

この寒暖の差が激しい事が、コーヒーにおいて高品質な銘柄を生み出すための必要条件となります。

タンザニア、キリマンジャロ山地域で産出されるコーヒーは強い酸味に特徴があるといわれますが、それは決して酸っぱさだけが際立った刺激が強いコーヒーというものではありません。

心地よく舌を刺激する爽やかでクリアーな酸味、ほのかな甘み、そしてコーヒーを飲み込んだ後に感じる後味に、バランスのよさ、これが「キリマンジャロ銘柄」の真髄といえます。

コーヒーにおいてのフルーツを感じさせるような酸味を味わいたいという方におススメしたい銘柄です。
詳細の説明はhttp://www.doicoffee.com/matyre/pn005.htm

テイスティングは
香り
コク
酸味◎
苦味○
甘味○
フルシティーロースト


パッケージはこんな感じ
土居タンザニアマチャレ農園



豆はこれ
土居タンザニアマチャレ農園


粉と蒸らしです。ほかの写真と比べてもらうとわかるかもしれませんが
かなり膨らんでいます。
しかも、蒸らしでお湯を入れた瞬間、ものすごく勢いよく膨らんで
もうびっくりするくらいですよ。
一緒にコーヒー入れた子はそれを見て凝視して固まってました。
いや、凄い勢いですよ。
土居タンザニアマチャレ農園土居タンザニアマチャレ農園



 久しぶりにインパクトのあるタンザニアで、意気揚々と
飲んでみました。
一口目 土居コーヒーの焙煎、キリマンジャロの香りと甘味が口に広がる
苦味は濃い目のわりに心地よい程度です。
後味として、コクと甘みがバランスよく広がり、
最後の甘みと心地よい香りが口の中に残る
酸味が強いと書いてあるのですが、濃い目なのか酸味は思ったほど感じられませんでした。
酸味が強い=ポンポンのケニアくらいを想像してしまうからでしょうか。
この豆の酸味は甘いフルーツのそれに該当するのかもしれません

 冷めても美味しかったですし、コーヒー仲間も絶賛の豆です。
だてに200g1500円と高くないですね。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yossieblog.blog78.fc2.com/tb.php/457-d89218ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。