いろいろこだわってみる(☆グルメ・コーヒー・DIY☆)

自分の興味あるいろいろな話題についてのこだわりを書きます。 美味しいコーヒー、店、料理も自作するグルメなページです。 気になったお菓子のメモいろいろなメモ代わりのブログです。 最近家作りを始めました!!
管理者ページ 
 以前サラウンドスピーカーを選定しました
http://yossieblog.blog78.fc2.com/blog-entry-1734.html

 それに合うエンクロージャを実際に設計しました。まずは、箱の設計です
http://www.asahi-net.or.jp/~ab6s-med/NORTH/SP/bassreff_canvas.htm
のURLにて設計しました。

スピーカー設計コンセプト
・何Hzまで低音を出すか?
 天井吊りでできるだけ邪魔にならない小型サイズを考えているので、低音はあきらめています。
・密閉型かバスレフか?
 小型スピーカーなので、できるだけ低音を出すためバスレフを選択

です、それを概ね決定して設計した結果が↓です
スピーカー特性
とりあえず、80Hz強くらいまで音を出してくれそうです。

材料選定
・木材はMDF
・板厚は9mm
・バスレフポートはコーナンの樹脂パイプ 半径1.25cmのものをカットして使用(ちょっと設計と違いました。。。)
・ターミナルは値段が一番安くて取り付けできそうなコレ↓



ターミナルの選定は意外とむつかしくて、意外と高いのばかりです。
しかも、板厚9mmのものに入らないといけないため、短いのは使えません。
今回選択したものも、若干短いのですが、余分なネジやプラスチックはとれるので、ぎりぎり取り付けができました。


目標外形サイズは
HxWxDで、100mm x 170mm x 150mm
となります。
でかすぎず、小さすぎずのぎりぎりのサイズです。

実はもうワンサイズ小さいサイズも、設計だけしてあります。その外形は
HxWxDで、110mm x 110mm x 110mmのcube状。ちょっとかわいいスピーカーになるはず
小さいので100Hzくらいまでしかならないです。

 エンクロージャ作成の肝の一つのカットですが、どうしようか考えたのですが
やっぱりプロにお願いすることにしました。
いろいろ評判や実績などを調べてココ↓にしました。決めては値段と精度のバランスです
http://www.sakuma-mokuzai.com/

カットまでしてもらえば、まずはスピーカー取り付け部分と
バスレフポートの穴あけです。
穴あけは電動ドリル+自在錐であけます



 この穴あけは慣れないと結構怖いですね。
コツはできる限りゆっくり穴をあけることと、ドリルを直角に保つことです。
慣れたら簡単に8か所あけられました。ただし、電動ドリルが重たくて手の力が。。。。
 電動ドリルはコーナンオリジナルの、普通/振動ドリル切り替えタイプ。コンクリートにも穴をあけられるだけあって
ハイパワーだけど、重い。。。とにかく重い。。。

 穴開けが完了したら
あとは、ボンドで接着して箱を作っていくだけです。
ボンドをたっぷりつけてクランプで固定。一日乾燥させて、またボンド。。の繰り返しです。
クランプは木と長ネジで自作です。

 そして、無事箱が完成。。。。
すみません、写真はありません。

 次は塗装になります。
これが長き道のりになります。。。 
 次回です



 モチベーション上げのためのクリックお願いしますm(_._)m
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yossieblog.blog78.fc2.com/tb.php/1737-b238b163
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック