いろいろこだわってみる(☆グルメ・コーヒー・DIY☆)

自分の興味あるいろいろな話題についてのこだわりを書きます。 美味しいコーヒー、店、料理も自作するグルメなページです。 気になったお菓子のメモいろいろなメモ代わりのブログです。 最近家作りを始めました!!
管理者ページ 
ヤマト住建で一条並の性能の続き

キッチン編の今回換気扇です。

換気扇というと、キッチンの換気扇です。レンジフードとも呼びます
タカラのレンジフードは、標準でも整流板がついていて他社よりも
若干良かったです。
 しかも整流板もホーローで汚れが落としやすくなっています。

我が家はこれもオプションでグレードアップしました。

 今回は高気密・高断熱の第一種換気の家を目指しているのですが、
レンジフードは第三種の換気です。
 なので、レンジフードをオンにすると、空気を排気するわけですが
空気を排気すると、どこから給気してやらないといけないので
家中の隙間から空気が供給されます、つまり家の中の空気が捨てられます
 さらに家の中が負圧になってドアが開きにくいとかになります。

 ドアが開かないのはどっちでもいいですが、せっかく冬暖かい・夏涼しい家中の空気が
レンジフードによって捨てられるのが嫌だったので、このオプション
同時給排タイプを選択しました。

 これは、レンジフードの通常の排気に加え給気されます。
何が違うかというと、、、とその前に、ショートサーキットという言葉の説明から

 換気で言うショートサーキットとは、家中の24h換気の等計画的に換気しようと
換気扇を取り付けますが、排気口のすぐそばに家の隙間など給気口があると、
そこから空気が供給されて、奥の方の空気が全く入れ替わらないということです。
 分りやすく言うと、窓の横の換気扇があったとして、窓を開けると換気扇によって
不足した空気は窓から供給されて、窓と換気扇だけグルグル空気がまわって
部屋の奥の方は空気に変化がないということです。

 話戻して、同時給排タイプにするとまさにこのことが置きます。
レンジフードの回りの空気だけがグルグル入れ替わって、他の室内の空気は変化有りません。
では、それでいいのか?というと、レンジフードで換気したいものは、コンロから出た湯気や
油・匂いです。なので、コンロの回りだけ換気できたら必要十分ということです。

 さらに、同時給排と電動シャッターもついています。
電動シャッターは換気扇を使わない時は、電動で換気ダクトが閉まって気密性を維持してくれる機構です
(ま、実際は1-2mmくらい隙間が出来てるみたいですが。。。)
 シャッターは電動以外に、差圧式というものがあります。
差圧式は、室内と室外の圧力の差が出来た時に開くシャッターです。
換気扇をOnすると、室内が負圧になるのでそれによりシヤッターが開きます。
差圧式の欠点は、その風で誤動作してパタパタうるさいのです。
 そのため、家は断然電動シャッターを選択しました。

 キッチンオプションは
幅2700mm
同時給排換気扇
電動シャッター
食洗機対応水栓

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yossieblog.blog78.fc2.com/tb.php/1720-4e913c52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック