いろいろこだわってみる(☆グルメ・コーヒー・DIY☆)

自分の興味あるいろいろな話題についてのこだわりを書きます。 美味しいコーヒー、店、料理も自作するグルメなページです。 気になったお菓子のメモいろいろなメモ代わりのブログです。 最近家作りを始めました!!
管理者ページ 
今回は換気装置の検討です。
一言で換気装置といっても、第一種、第二種、第三種とあり
第一種で熱交換タイプでも、全熱交換、顕熱交換があります。
ダクト式、非ダクト式
メーカーもいろいろたくさんあって悩ましいです。

 第二種は室内の湿度のある空気が壁中に入る可能性がたくか、壁内結露の元になる
という話を聞いたので、とりあえずやめます。

 第一種か第三種かですが、これは人それぞれの考え方により決められます。
私は、省エネというよりも寒いのが大嫌いなので、快適性を考えて第一種熱交換タイプを
選びたいです。

ヤマト住建の標準は第三種は以下です
ピアラ24
 ダクトで熱交換無しで、排気だけします。給気は自然吸気
 ・ダクト式排気型集中換気システム
 ・給気口(スクウェアフローにもフィルターがあり、綺麗な空気が入ってきます


第一種の種類
ダイキン ペンティエール
 ・言わずとしれた一条工務店先代の換気装置です
 ・全熱交換
 ・熱交換効率90%(顕熱)
 ・虫受けの網が使いやすい位置にある
 ・0.5帖のスペースを使う
 ・中間期等は自動的に、熱交換をしないバイパスモード付
 ・高い ヤマト住建だと50万up
 ・吸排気ともダクト式
 ・トイレは個別換気
 ・お風呂は個別換気


スティーベル
 ドイツの有名な?メーカーです
 ・顕熱交換
 ・熱交換効率90%(顕熱)
 ・虫受けの網がない
 ・1F戸袋に入る
 ・中間期等は自動的に、熱交換をしないバイパスモード付
 ・吸排気ともダクト式
 ・熱交換素子が金属なので水で洗える(コレはイイ!)
 ・トイレも換気エリアです
 ・お風呂も換気エリアです


マーペックス澄家Ecoハイブリッド
 換気装置では有名なメーカーです。その中で一番性能がいいやつです
 ・全熱交換
 ・熱交換効率90%(顕熱)
 ・床下に設置なので、基礎断熱専用
 ・虫受けの網がない
 ・中間期等は自動的に、熱交換をしないバイパスモード付
 ・高い ヤマト住建だと30万up
 ・給気は床下に給気して室内を循環、排気は床にあるダクトから
 ・給気も排気も床なのでショートサーキットを起こしやすい気がします。
 ・トイレも換気エリアです
 ・お風呂は個別換気


リクシル エコエア90
 全熱交換で
 ・全熱交換
 ・熱交換効率90%(顕熱)
 ・虫受けの網がない
 ・1F戸袋に入る
 ・中間期等は自動的に、熱交換をしないバイパスモード付
 ・高い ヤマト住建だと70万up
 ・吸排気ともダクト式
 ・トイレも換気エリアです
 ・お風呂は個別換気


ローヤル電機
 全熱交換で
 ・全熱交換
 ・熱交換効率90%(顕熱)
 ・虫取り網は別途フィルターボックスに設置出来る(でも使いにくい)
 ・中間期等は自動的に、熱交換をしないバイパスモード付のとつかないのがある
 ・安価 ヤマト住建だと10万up
 ・吸排気ともダクト式
 ・トイレも換気エリアです
 ・お風呂は個別換気


実は熱交換素子は、スティーベルとローヤル電機は同じものです。
リクシルも一個前の型までは同じでした(というかローヤル電機のOEM)
熱交換効率はいづれも90%です

 キーポイントは
設置場所
換気エリア
虫取り網
中間期のバイパスモード
となります。

●希望としては
設置場所は戸袋
換気エリアはトイレが換気エリアになるのが良いです。
虫取り網はほしいなぁ
中間期は3種になってほしいなぁ

と考えるとかなり範囲が絞られます。
全部満たせるものはありません。

候補と不足機能は以下です
マーペックス
  ・戸袋に設置出来ない(基礎断熱専用のため)
   実は技術的には可能と思います、ただメーカーにと言わせると
   戸袋は前提になってないので、保障できません。つまりできません。という回答。
  ・虫取り網が無い

リクシル
  ・虫取り網がない
  ・中間期のバイパスモードがない

ローヤル電機
  ・中間期のバイパスモードが無い
    ただし、3種モードはあります。
    給気と排気が独立したボリュームで変更できるので、
    排気側だけのモーターを動かすと3種モードになります(ただ熱交換はする)
  ・虫取り網はフィルターボックスをオプションで付ければ、取り付けできます(オプションではないので自分で)


 ということで、一番希望に近いのがローヤル電機ですね。
唯一の問題点の中間期のバイパスモードですが、解決方法を思いつきました。
 3種モードにしても熱交換してしまいますが、3種用のレジスタを何か所かつけてしまえば
そこから給気するので、まさに3種換気として動いてくれる筈です。
 熱交換の経路からでもいくらか給気されますが、空気の抵抗として3種レジスタの方が圧倒的に
小さいので、大部分はそこから給気されると思います。
 3種レジスタは1種時には密封しないといけないので、何らかの対策なり種類を選ぶ必要が出てきます。


 ということで、換気装置はローヤル電機のものに決定
ちなみに、ダイキンではなくローヤル電機にするメリット・デメリットと比較すとる

ローヤル電機
メリット
  ・トイレも換気エリアに出来て、効率が良い
  ・空気の流量を自分で選べる(留守の時は弱めにして省エネ等)

デメリット
  ・虫取り網が使いにくい
  ・中間期は自動で3種モードにならない


正確に言うと、ローヤル電機も自動で3種モードにすることができます。
ただ、なぜかフィルターボックスと自動3種モードのどちらかしか選べません。


 という感じでしょうか?

次回は
お風呂です
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yossieblog.blog78.fc2.com/tb.php/1715-ea04f6e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック