いろいろこだわってみる(☆グルメ・コーヒー・DIY☆)

自分の興味あるいろいろな話題についてのこだわりを書きます。 美味しいコーヒー、店、料理も自作するグルメなページです。 気になったお菓子のメモいろいろなメモ代わりのブログです。 最近家作りを始めました!!
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 契約が完了したので、あとは設計を進めていきます。
途中経過や、ヤマト住建の対応状況をありのままに書きます。
良い事も書きますが、悪いことも書きます(つまり事実を書きます)


 間取りがない状態での大枠の見積もりを出してもらったのですが、
それがどのように変化しているかドキドキです。

 問題点は今回購入した土地の大きさがやや長方形で長編方向が南なので
間取りが結構やりづらいです。

以前にも書きましたが間取りの基本方針です
・廊下をできる限り少なくする
・できるだけ太陽が入るように、南側を空ける
・車は一台置きたいなー
・ちゃんとした門がつけられる。
・太陽光を載せる
・LDKは18帖以上
・寝室は7帖以上
・子供部屋は5帖程度
・物入れは13%以上
・壁面収納を考えているのでテレビの後ろは壁(窓無し)
・階段はリビング階段(子供が知らないうちに出た、帰ったなどないように)
・吹き抜け欲しいなぁ
・WIC欲しいなぁ
・1Fに和室が欲しい(4帖以上)
・30坪ジャストを目指します。
  →どこの工務店もありますが、坪面積によって坪単価が変わってきますが、
    ヤマト住建の場合は、30坪で坪単価が少し下がります。
     そういうことで、29.7坪よりも30坪の方が安いという逆転もあり得ます。


 間取りや見積もりをする上でも、一条工務店とヤマト住建で違いがいろいろとあります。
一つは坪単価の問題です。
一条工務店の商品の坪単価は、施工面積で計算されます。
つまり、壁の厚さが厚ければその分施工面積が増える計算です。
4帖の部屋であれば、4帖+壁の厚さで計算されます。i-smartだと40cm近く壁が厚いので
計算した事がありますが、我が家の場合は1件で1.5坪以上は増えてました

ヤマト住建の商品の坪単価は、床面積で計算されます。
なので、4帖の部屋の場合4帖(2坪)で計算
その分の価格差として現れてきます。

 ちなみに、ヤマト住建の間取りは壁芯で計算されていて(普通やん)
壁芯の芯は、構造柱の中心です。外断熱の分の5cmや外壁分は
入っていません。つまり、外壁は間取り図より外側に偏っています。

壁の厚さは
外壁 15mm
換気スペース 15mm
外断熱 50mm
構造用柱 105mm
石膏ボード 12.5mm
合計 197.5mm

内壁の厚さは
石膏ボード×2 12.5mm×2
構造用柱 105mm
合計 135mm

 長くなったので続きは次回

 次回も、間取りの進捗と一緒に、一条との違いがいろいろとあるので、書いていきたいと思います。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
子供部屋と和室
FPユーザです。

我が家は部屋に篭らない様、居心地の悪い部屋をテーマに4.3畳程度の子供部屋にしました。
収納等は別で考え、ベットと勉強机を置いたらほぼ何も置けない部屋ですが、結構落ち着けるいい部屋になりました。
また、和室は段差をつけることを検討してはいかがでしょうか。我が家は30cm程上げましたが、正解でした。
2015/02/03(火) 09:47:49 | URL | FPユーザ #-[ 編集]
ありがとうございます
 子供部屋、私も全く同意見です!!
でも相方がもっと快適な方が良いという意見が衝突して、
5畳くらいで落ち着きました(^^;

 和室の段差のアドバイスありがとうございます、検討してみます。
2015/02/10(火) 20:31:11 | URL | よっし~ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yossieblog.blog78.fc2.com/tb.php/1712-5a8c1f44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。