いろいろこだわってみる(☆グルメ・コーヒー・DIY☆)

自分の興味あるいろいろな話題についてのこだわりを書きます。 美味しいコーヒー、店、料理も自作するグルメなページです。 気になったお菓子のメモいろいろなメモ代わりのブログです。 最近家作りを始めました!!
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 契約が完了したので、あとは設計を進めていきます。
途中経過や、ヤマト住建の対応状況をありのままに書きます。
良い事も書きますが、悪いことも書きます(つまり事実を書きます)


 間取りがない状態での大枠の見積もりを出してもらったのですが、
それがどのように変化しているかドキドキです。

 問題点は今回購入した土地の大きさがやや長方形で長編方向が南なので
間取りが結構やりづらいです。

以前にも書きましたが間取りの基本方針です
・廊下をできる限り少なくする
・できるだけ太陽が入るように、南側を空ける
・車は一台置きたいなー
・ちゃんとした門がつけられる。
・太陽光を載せる
・LDKは18帖以上
・寝室は7帖以上
・子供部屋は5帖程度
・物入れは13%以上
・壁面収納を考えているのでテレビの後ろは壁(窓無し)
・階段はリビング階段(子供が知らないうちに出た、帰ったなどないように)
・吹き抜け欲しいなぁ
・WIC欲しいなぁ
・1Fに和室が欲しい(4帖以上)
・30坪ジャストを目指します。
  →どこの工務店もありますが、坪面積によって坪単価が変わってきますが、
    ヤマト住建の場合は、30坪で坪単価が少し下がります。
     そういうことで、29.7坪よりも30坪の方が安いという逆転もあり得ます。


 間取りや見積もりをする上でも、一条工務店とヤマト住建で違いがいろいろとあります。
一つは坪単価の問題です。
一条工務店の商品の坪単価は、施工面積で計算されます。
つまり、壁の厚さが厚ければその分施工面積が増える計算です。
4帖の部屋であれば、4帖+壁の厚さで計算されます。i-smartだと40cm近く壁が厚いので
計算した事がありますが、我が家の場合は1件で1.5坪以上は増えてました

ヤマト住建の商品の坪単価は、床面積で計算されます。
なので、4帖の部屋の場合4帖(2坪)で計算
その分の価格差として現れてきます。

 ちなみに、ヤマト住建の間取りは壁芯で計算されていて(普通やん)
壁芯の芯は、構造柱の中心です。外断熱の分の5cmや外壁分は
入っていません。つまり、外壁は間取り図より外側に偏っています。

壁の厚さは
外壁 15mm
換気スペース 15mm
外断熱 50mm
構造用柱 105mm
石膏ボード 12.5mm
合計 197.5mm

内壁の厚さは
石膏ボード×2 12.5mm×2
構造用柱 105mm
合計 135mm

 長くなったので続きは次回

 次回も、間取りの進捗と一緒に、一条との違いがいろいろとあるので、書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
ヤマト住建で一条並の性能の家を建てる

ということで、契約しました。
キャンペーンは屋上庭園を半額か、太陽光半額のどちらか選べるものを適用してもらう契約でした。
期限についても、延長してもらいました。

 なぜヤマト住建を選択したかというと、
1.まずは価格が下がる余地があることです。
 見積もりは全て定価ベースなため、材料費の値引きも可能性があります。
2.ヤマト住建は全国的なハウスメーカーです。でも、地場の工務店と比べるとはるかに大きいです。
 大企業の信頼性と、地元工務店の柔軟性を併せ持っている事です。
3.品質には自信と保証についても気を使っています。
 打ち合わせできる/出来ない事をいろいろ聞いてましたが、品質上保証できないところはNGが出ました。
  裏話ですが、ヤマト住建は2x4の技術も持ってますが、あまり出てないです。
4.工法的に内外ダブル断熱、床断熱(基礎パッキン)の基本技術を持っている事
  全く新しい工法というのはさせたくありません。
5.これが一番大きいですが、選択枠が広い。
  住設などのメーカーの選択枠が広い。一条だと片手で数えるしかないですからね。


 設計士は事前で打ち合わせしている人と同じ人でした。
というか、各展示場で1人しかいないみたいです。
 営業の方は何人もいますが。

私の担当ショールームの方はとても、低姿勢な方で印象はよかったです。
ただ、そのショールームで打ち合わせ行くと結構の数のお客さんが居たので、
一人で回るのかな?とかすごい大変そうでした。

 土地も決まったということで、その土地前提で設計を進めます。
ただ、まだ購入の契約がまだなため、契約書には土地が購入成立しなかった場合
契約が白紙にするという条項を追加してもらいました。
(ちなみに、一条工務店の時の契約書の条項追加をお願いしましたが、無理ですと断られました)
しかも、契約日に追加をお願いしたのですが、すぐに対応してくれました。
事前に契約書の約款も送ってくれたし、その辺もヤマト住建は非常に柔軟な対応です。
ヤマト住建の続きです。

現状の一条に出来るだけ近づけた仕様でも、値引き込みで
100万円以上、ヤマト住建の方が結構高いです

 そこで、投入したのが太陽光 23万円/1kwキャンペーン

 HPを見てたりしてると、たまーにそういうキャンペーンを行っています。
それをキャンペーン適用から少しだけずれてしまうので、少しだけ延長できないか
本社に交渉してもらいました。
 仮に10kw乗ったとして一般的に35万/kwと計算すると、120万円安くなります。

 ということで、契約してしまうことにしました!

 理由の一つとして、その時にたまたまちょうど良い土地が現れたからです。

ちなみに、ヤマト住建はそれとは別に土地の仲介料無料キャンペーンというのもやっています。
キャンペーンは一つしか選べないので、太陽光半額を選んでいます。
(実は土地は人気の土地だけあって、不動産屋は他のところを選べなかったのです)


 ヤマト住建と一条の決定的な違いは、その柔軟性です。
キャンペーン適用期間の延長、値引き(ヤマト住建は普通でも割安です)。
仕様変更も可能。ということで、一条で選べなかったデザイン面でも解決です。
 一条の性能でデザインもこだわりたいという方は、私のようにヤマト住建を選択する
というのも一つの手とも思います。
 ただし、ヤマト住建の場合は、一条みたいにすごい家をメーカーが標準で建ててくれません。
それなりのオプションをつけないていけないので、本人の知識は必要です。


 次回からは、ヤマト住建で一条(i-smartに似た仕様を作る)というテーマです。

ちなみに、ヤマト住建ではそうこうしているうちに、新商品
エネージュUWというのが出ていました。
 おそらく、エネージュUE(Q値=1.4)からトリプル断熱にして、Q値=1.2になっています
Q値の改善度合いから、サッシの変更だけではないでしょうか?(憶測)
http://www.yamatojk.co.jp/topics/wp-content/uploads/sites/3/2015/01/enege-uw20150101-1.pdf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。