いろいろこだわってみる(☆グルメ・コーヒー・DIY☆)

自分の興味あるいろいろな話題についてのこだわりを書きます。 美味しいコーヒー、店、料理も自作するグルメなページです。 気になったお菓子のメモいろいろなメモ代わりのブログです。 最近家作りを始めました!!
管理者ページ 
引き続いて次のところは
今までは、工務店系だったんですが今度は趣向を変えて

祥 設計室
つまり、設計事務所です。

設計事務所は高い?というイメージを持つ人がいるみたいですが、
この事務所はオープンシステム
というものを採用していて、
通常は
工務店→専門業者
という流のものを
施主→専門業者
という風に直接発注するというシステムです。
専門業者も複数社があったら、入札システムみたいに、一番安い見積もりのところを選択します

さらに、この事務所は個人事務所なのですが
SE工法
新住協の会員
という超こだわりのところです。

 よさそうな感じだったので、概算の見積もりを出してもらいたく
直接お伺いしてお話を聞きました。
 よくしゃべる方で笑、いろいろと勉強になるお話を聞かせてもらいました。

特に、他と違うところは施工中の監督も行ってくれていて
しかも、頻繁に現場に顔を出して、訂正してくれます。
設計士=監督
が、設計の細かいところの意図まで反映できるので、最強の施工管理体制と思っています。
 しかも、セルロースファイバーなど、現場の施工のやり方(タッカーの打ち方)まで、
手抜きしようとする大工さんに対して、修正を入れるとか、実例を教えてもらったりします。

 いざ費用を出して、過去の例から概算の見積もりをしてもらったら
Q値を満たすだけで2800万over
床暖房なしです。

 なので、予算が完全overであきらめました。
 ただし、お金関係なしで良いものを作りたいなら、この事務所で建ててみたいと思いました。
次は
バァーナホーム
自然素材に力を入れている工務店ですが、

問い合わせ当時には商品として
優Q快適 というのがあるらしく、Q値1.6 1800万くらい

Q値1を目指すためには、坪単価80万くらい必要だそうです。
その時点で、一条のi-smartよりもオーバーで対象から外れました。

 室内に防湿シートを貼るみたなので、
グラスウールやセルロースファイバー等も自由に選んで問題がなさそうです。

 ただ、目標が「一条よりも安く」なので、基準に未達成
ということで、断念。

 こちらの言い分も聞いて、いろいろと提案してきてくれるので
営業の人は悪くないという感想でした。
 ちなみに担当の方としては、一条でおなじみ全熱交換は否定的でした。
(でも、施主がこだわるならやります、というスタンス)

エーティーエム建築

この会社はSE工法という耐震に定評がある工法や
セルロースファイバーをウリとしています。

 概算を聞いてみましたら、
ダブル断熱+第一種換気装置だけで2000万over
Q値1前後は実績なしだけど、検討はしていける。ということでした。

 ということで、このまま検討しても、なかなかi-smartの性能には
少し遠いかな?ということで、中断しました。

 この会社さんは毎月マガジンみたいなものを発行して、しばらく送られてきました。
そろそろ不要かな?
と思っているのですが、うちの相方さんがその中の漫画が好きで気に入ってます笑

 担当の方やHPを見ると、はっきりした信念や思想を持ってやってられるので
悪い工務店でない気がします。
 でも私ニーズには合わなかったですね。
タイコーハウジングコア

新住協関西支部の会員で、役員もしているメーカーということで
断熱には非常に信頼を置けそうなので、チョイス。
もち ろんダブル断熱も可能とのことでした。
Q値1.0は可能という回答もいただけている
全館床暖房も第一種換気装置も普通に可能。
ということで、技術的には申し分ないと思っていました。

 見積もりをすると、
30坪で2800万over
坪単価93万でした。。。高い。。。
しかも、この状態では、全面タイル無しになります。

 この時点で、一条工務店のi-smart(i-cube)のコスパの良さがずば抜けている
ということは、改めて実感したころです。
 ただ、タイコーハウジングコアは、住宅のプレゼンテーションとして
非常にすぐれていると感じました。
まず、土地が無いにも関わらず、
・土地を想定して
・間取りを想定して
上記から、いろいろな主要設備ごとにジャンル分けし て、単価出して
さらに、陽の入り方も計算、など細かいところまで練って
設計されるようです。
 金額さえ合えば、このメーカーがいいなって感じました。

 ただ、その金額が合わずにあきらめました
なごみホーム

その筋の方には有名な?澤田塾??系統のメーカーです。
当時はトリプル断熱ということで、
外断熱
充填断熱
外壁塗料による断熱

 現在は、クアトロ断熱としてさらに進化していて、、と思ったら
調湿が追加されてただけなので、以前と同じです。

とにかく自然・健康試行が高くて、IHとかダメー
フローリング無垢だよ、ビニルクロスもだめー、集成材もだめーな、とにかく
こだわりがつよく、我が家はオール電化で、掃除が大変な無垢の木にも興味がない(特にフローリング)
なので、その辺をメールで聞いたら
電話の返答で、IHはだめですわーーってな感じの返答でした。
 でも怪しい部分も多々あ ります。
 生体エネルギーってなんや? 理系な私はちょっとというところもあり
やめました。

 でも、漆喰+セルロースファイバー+無垢の木の調湿性能にはすごく期待できたりするのも
事実と思っています。
 建材のほぼすべての素材が調湿性能を持っているため、湿度を持てる容量が
非常に多いからです。
 ただ、冬とか夏とか全体の湿度が低い/高いときって、ずっと長期間高い/低いわけなので
結局同じ、多少マシかな?程度の可能性も否めません