いろいろこだわってみる(☆グルメ・コーヒー・DIY☆)

自分の興味あるいろいろな話題についてのこだわりを書きます。 美味しいコーヒー、店、料理も自作するグルメなページです。 気になったお菓子のメモいろいろなメモ代わりのブログです。 最近家作りを始めました!!
管理者ページ 
 最近、ブログで
北海道の新仕様が話題になっていますね。

 私も本土上陸を願っている一人です。

 そこで、気になっていたのが地熱利用全熱交換です。

 これについて、以前から一条でも採用されたらいいなと思っていたので、
勝手に妄想してみます。


 私の知識で安直に考えると、ロスガード?の吸気側を地熱を利用して
地熱温度まで気温を吸放熱して、その空気に対して全熱交換をかける(少々荒っぽい説明ですが)
こんな感じと推測できます。


 地熱利用といえば、私が知る限り最強??のものは
http://www.geo-power.co.jp/contents/column/227_a.html
でしょうか。

地下数メートル掘ったところに、パイプで水と空気循環器を埋め込んで、
地下の夏は涼しくて・冬暖かい(vs 外気温)一定の温度ところを通して、
空気を冷やす(暖める)てから、室内にもって行きます。
 一度体験棟に行きましたが、効果がありすぎるくらいありました。
更に、水があるため除湿・加湿も出来ます。

 このシステムはそれだけで数百万するらしいので、一条では採用しないかな?
と思っています。


 一条では現在のシステムをある程度流用できそうな
http://www.earth-h.jp/eco-system.html

に近いシステムになるでしょうか?

 これは、吸気を分離して基礎近くにもって行ったり、ロスガード自体を移動したりして
流用できそうな気がします。

 安価に実現できたら熱交換の効率も上がってうれしいですね。


ちなみに、ジオパワーに近いエアコン・エコキュートの室外機がコロナから出ています。
http://www.corona.co.jp/geosis/
これも穴を掘るので初期投資は高くて、投資回収は難しそうな感じがしますね。。。
 新方式がこの方式で且つ安かったらうれしい限りです。


 
よければクリックお願いします
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村
前回記事で
8Tの設置しましたが、
これで7.8日、6ch分の録画が出来るようになっています。
1week録画できることになりますが、その使い心地をレポートします。


42Z7の特徴として以下があげられます
・タイムシフトマシン
・気になる!シーンリスト
・みどころシーン検索


順番に説明すると

●タイムシフトマシン
これが基本です。
 7.8日分の6chの番組を常時録画しています(我が家では1日22h録画)
そうすると、何が便利かというと
・わざわざ録画予約不要
・録画予約のし忘れは無し
・リアル番組の見忘れ無し
・次の日の話題で、昨日の○○見た?なんて会話も怖くないw
・テレビに縛られない時間の有効活用
・目覚ましテレビの占いカウントダウンも見逃し無しw
・時間の有効活用
・面白い番組の発見

でしょうか。

 とりあえず1週間分あるので、重要でないものは録画しなくても良いのです。
1週間以内なら見忘れ・録画忘れしても過去番組表から見られます。
リアル番組もいつでも最初から見られる。めざましテレビで占いカウントダウンで
自分の星座を聞き逃しても即戻って見られます。
更に、タイムシフトの録画内容はDLNAで別の対応テレビで見られます!
 先日はまさに典型的な使い方が出来た時がありました。
相方が知人と話している時に、○○の特集やってたよ?という話が出たのですが、
私も是非見たかった内容でした。普通ならここであきらめるか録画している人を
探しまくるのですが、ご心配無用。過去番組表から見ればいいのです。
ということで、実際見られて大満足です。タイムシフトマシンの真ん中の使い方で
ダブルで満足

 そして、意外なのが空き時間に過去番組表から今まで目にも入ってこなかった番組を
見つけて、見てみたら意外に面白い!ということが何度もありました。
たとえば、「まつこの知らない世界」これは、テーマにゆかりのある人をゲストに呼んで
普段触れる事のない世界のトリビア的なところを見られます
 先週は地図の話でした。
 なぜか、「ちゅうぼーですよ」毎週見るようになりました(タイムシフトで)

 最近は1.5倍速&CMやつまらないところスキップでがんがん見ています。



次に
●気になる!シーンリスト
これは何かというと、過去番組表を見ているときに、「気になる!」ボタンを押すと
クラウド発動!ということで、ネットから情報を取得して
今やってる番組のコーナーのリストが見られます。
私がよく見るニュース番組。ワールドビジネスサテライトだと。この番組内の
話題のトピックスが一覧ででて、トレタマだけ見たい場合。トレタマを選んでやれば
その部分が一発頭だし!!
 これは便利で仕方ない。


●みどころシーン検索
 これが今回の売りのひとつです。
一言で言うと、番組検索なのですが。今までとは一味違う検索です。
 通常の検索は、番組表に書いてある内容から検索されます。
なぜななら取得できる情報は番組表しかないからです。
 ところが、このみどころシーン検索は、クラウドを利用して
東芝が外部委託している会社が手入力している番組情報を元に検索されます。
つまり、情報量が圧倒的に違うのです。
たとえば、アーティストB'zで検索すると
・ニュース番組の中の1コーナー(水泳大会)のBGM(10秒くらい)
・旅番組??みたいなので、川越 達也さんの好きだった曲B'zの曲だった(1分くらい)
・カウントダウンTVの200?年のカウントダウン
・いいとものウルトラソウルの曲とともに特技をするコーナー
・ドラマ 雲の階段の本編とCM
など、ちょっとしか出ていなくても検索に引っかかります。
まさに、B'zファンとしては、B'zのテレビ番組の取りこぼしが限りなく減ります。
最初再生しても、なぜこの番組??とか思ってみていると、ここかーー!っていう細かいところまで
引っかかり、私的にこの機能は大好きです。

 ただ、ネットの検索と違いややクセがあります。
検索キーワードでひっかからなくても、別の角度で入力するとひっかかったりします
たとえば
B'z(ビーズ)の場合
B'z
B’z
ビーズ
びーず
でヒット数がぜんぜん違います。
上から順番にヒット数が多いです。
 ビーズはヒット数は多いけど、ファンキーモンキーベイビーズとか、ビーズ(裁縫の方)が
たくさんひっかかります。
大文字小文字の区別はしていないようです。

特徴として
・芸能人の愛称より正式名称の方がひっかかるような気がします(データ記録の問題かな)
しょこたんなら、中川翔子だとたくさんひっかかるけど、しょこたんだと引っかかりません

しかし
いくつか3つくらい問題点もあって
1.HDDの音がする
 タイムシフトマシンは常時2台のHDDに録画しているので、HDDの音がカタカタうるさいですね。
シーク音が結構します、回りが無音だと回転の音も聞こえます。
神経質な人の寝室ては不向きです(夏は熱も出ますしね)
 なので、HDDのオススメとして、低回転で、WDデジタルのように動作音の少ないものがオススメ

2.クラウドが遅い
 クラウドボタンからみどころシーン検索を呼び出すわけですが、
クラウドボタンを押しても無反応、今は使えません。エラーです。みたいなのが
結構頻繁に起きます。
そして、エラーが出なくても出てくるまでに10秒くらいかかります。
押した時に反応がないから、何回か押すと。クラウド画面が開いたと同時に閉じたり。。。
レスポンスが今二つくらいですね。

3.消費電流
 これは、HDD2台は常時動いているし、6台のチューナーもあります。
カタログにはタイムシフトマシン時の消費電流とか載っていませんでした。
とりあえず、ZG2の消費電流は測定した人が居て、47wくらいだそうです。
z7は低消費電流化しているということで、40wくらい、
HDDはバッファローので最大で18wということは、typで9wくらいですかね。
なので、合計9w+9w+40w=58w 電気代が24円/kwとすると、
1000円くらいになります。
ロスガードくらいですね(笑)



 でも、その欠点があっても有り余る便利さです。
もうタイムシフトマシン無しではTVを見られません!
絶対オススメの一品でした。


ちなみに、クラウド対応のレグザサーバーのnewバージョンが出たら
安くなったころ買うと思います。
我が家のDVDレコーダーが壊れかけなので。というか壊れています。


新築と一緒にタイムシフトマシンを導入するのはどうですか?
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
とうとう買いました!
何をって、TVですよ。

↓これです




我が家においてあるTVは、8年くらい前に買った液晶TV @ 26インチ30万円でした。

あれから月日がたち、30万あれば、60インチでも余裕で買えてしまうというすごい
時代になってきました。

 そんな中、何度かTVを買い換えようと考えましたが、当初相方はまだTV見れるじゃんと
否定的でした。
 私もまだ満足できるTVがなかったので、とりあえず様子を見ていましたが、
去年にとうとう、期待のTVが発売されました。
↓の記事で取り上げています

ついに出た!期待の新型TV
http://yossieblog.blog78.fc2.com/blog-entry-1654.html


 
 あとは、TVの買い換えをいかにスムーズに相方の了承を得るかということです。
結果は、よっし~の作戦(持論の説得)大成功でした。
それはさかのぼる事2年前

 洗濯機が壊れました、電機屋に行った時にちょうどタイミングよく洗濯機のモデルチェンジの時期と
重なっていました。
なので、大手電機屋は在庫セールで、グレードの高いモデルが半額以下のkakaku.comより安い値段で
売っていました。
 これはGOODタイミングっということで、12万以上の洗濯機が6万程度で購入できました。
新しい洗濯機は乾燥機もついているし、音も非常に静かで相方も私も大満足です。
 しかも、それが新型とほとんど機能の同じなのに、半額以下で手に入ったのです。
 その時にすかさず、家電は買いたいタイミングと買うタイミングが重要と説きました。

ちなみに、内閣庁の調査によると、家電製品の平均使用年数は以下のとおり
エアコン 11.6年
冷蔵庫   10.8年
洗濯機   9年
テレビ   7.9年
乗用車   7.9年
掃除機   7.6年
ビデオカメラ 7年
パソコン  5.6年
光レコーダ 5.0年
デジカメ  4.6年
携帯    3.2年
ということです。
 買い替え=壊れたわけではないですが。エアコン、冷蔵庫、洗濯機の買替理由としては故障が多いらしいです。


 次に、冷蔵庫を購入しました。これもモデルチェンジの時期で大容量で最上級の冷蔵庫がkakaku.comより
安く手に入りました。これも洗濯機以上の満足度でした。
 その時にすかさず、相方に家電の寿命は7年~10年くらいで、それ以降に壊れるとタイミングか悪いと
新型が出て旧型在庫切れのだと、高いものを買うことになる。
新型12万、ほとんど同機能の6万の家電、どっちを買いますか?

 ということで、寿命が近い家電については、やはり稼働中に良いタイミングで買い換えるのがお得です。
もちろん洗濯機みたいにタイミングよく壊れたり、家電は動けば何でも良いという人ば話は別です。
 一度冷蔵庫の場合で計算してみたのですが、データが行方不明になってしまいました。。。。

 我が家ではこのTVの価格はほぼ底値と判断して
93000円@5年保証つきで買いました。
 ちなみに、現在の5/10のkakaku.comの価格は
95800円@5年保証無し


このテレビの特徴として、外付けUSB3.0のHDDを2台用意すると、6ch分の常時録画
タイムシフトマシンが使えます。

調べると、メーカー公称は6TBまでですが、汎用8Tまでの実績があります。
(16TはNGという実績もあります)

ということで我が家は、8Tでしょーということで
↓の4TのHDD×2台を買いました。


 しかしこのHDDはkakaku.comによると、1人は認識成功していましたが
1人は認識失敗していました。なので、動作する確率50%
・動かない場合は殻割を敢行すればいいかっ!
・4TのHDDは内蔵用でも2万以上してほぼ同じ値段でした(購入当時)
という理由から、2台ポチしちゃいました。

 結果は。。。。認識はするけど、フォーマットに失敗して動作しません。
ということで、急遽ネットで調べて、動作実績のあるHDDケース
Century 裸族の一戸建てUSB3.0(CRIS35U3)

Century 裸族の一戸建てUSB3.0(CRIS35U3)
価格:2,709円(税込、送料別)


を1台買いました。

 なぜ2台じゃないかというと、
現在我が家にはUSB3.0の外付けHDD(HD-LB2.0TU3)のが1台あるので、そのケースと入れ替えます。

なので、一日で
WDBACW0040HBK ×2台、HD-LB2.0TU3のHDD 1台の3台のから割りしました。
最終的に
WDBACW0040HBKの中身 → 裸族の一戸建て
WDBACW0040HBKの中身 → HD-LB2.0TU3のケース
HD-LB2.0TU3の中身 → WDBACW0040HBKのケース

という大引越しになりました
WDBACW0040HBKのケースが1台余ってますが、まーまた外付けHDDがほしくなった
バルクのHDDを買って入れたいと思っています。

 そして、いよいよ緊張のTVに接続です
結果は  見事成功!!!


タイムシフトマシンが172h録画と出ました
我が家では深夜4時~5時は録画していないので、
172時間というと、7.8日分の録画が可能です。
1週間と1日です。
 これくらいあったらほとんどのケースに対応できるので問題ありません。

参考までに6TのHDDの場合は
129時間録画で、5.8日しか録画できず1週間録画できない事になります。


 長くなったので続きは次回


次回を見てみたい方は、気が向いたらポチしてください
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村