いろいろこだわってみる(☆グルメ・コーヒー・DIY☆)

自分の興味あるいろいろな話題についてのこだわりを書きます。 美味しいコーヒー、店、料理も自作するグルメなページです。 気になったお菓子のメモいろいろなメモ代わりのブログです。 最近家作りを始めました!!
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たけのこの里
の限定
抹茶ミルク味です。
SN3J0344.jpg


SN3J0345.jpg
SN3J0346.jpg




感想
予想通りというか、予想より抹茶が強い感じですね。
でも、抹茶の味が高級感があります。
そこら辺有名点で食べた抹茶を彷彿とさせます(言い過ぎか。。)

 でも、そこは抹茶の域を出てないので、抹茶菓子が好き出ない私は
イマイチな味でした
じゃ買うなって??はい、その通りですスミマセン(笑)
スポンサーサイト
ポンポンの
エルサルバドル・サンタエレナ
です。

値段は1600円/500gなので通常豆です。


フルーツのような甘さって書いてあります。
SN3J0273.jpg

豆は綺麗です
SN3J0274.jpg

粉と蒸らしです
SN3J0275.jpg
SN3J0276.jpg



感想
香りがいい
そして凄く甘さが強いですね。
後味が砂糖ですよもう。酸味は少ない目に感じます(やや薄いからかな?)
さすが、エルサルバドル
てか超うまい!
これが、ポンポンの通常豆と同じ1600円/500gとは思えません
100g換算で320円ですよ!異常に安く思えてなりません
今日のコーヒーは西山珈琲の豆
ブラジル ハベーリョ農園
です。

投稿日現在、まだ売ってますよ
http://www.nishiyama-coffee.com/goods/c070723125053/071103145926.html



この豆の説明です↓ クリックで拡大
burazilhahaberyo.gif


店長コメント
奥行きのある滑らかなコクの豊かさが感じられ、
香りも力強い香りを備えており、全体的にまったりとした風味になっております。
ダテハやセルトンには無い「昔ながらのブラジル」を楽しめる銘柄です。
砂糖・ミルクを入れても、またブラックでも甘味を楽しめます。

ブラジル・サンパウロにて行われたコンテストで2位となった同一ロット
世界のエキスパートから絶賛を受けた風味を体験してみて下さい

だそうです。


詳細は↓を参照ください
http://www.nishiyama-coffee.com/goods/c070723125053/071103145926.html



SN3J0223_20100130140321.jpg

豆は相変わらず綺麗です
SN3J0224_20100130140321.jpg

粉と蒸らしです
SN3J0225_20100130140321.jpg
SN3J0226_20100130140321.jpg

感想
あっさりした味
ブラジル系香りです。あと柑橘系の香りもして
香りは最初違和感があったけど、何口か飲んでるといい感じ。
甘さとコクは控えめですが、なんとなく力があります。
でも、まー、普通に美味しい留まりの部類かな。
エアーズの限定
エアーズ ミルク
です。
SN3J0333.jpg

SN3J0334.jpg

中身はいつもどおりなんだかよくわからないですね。。。
SN3J0335.jpg

感想
一口食べて、ガーナ??という感じです
ミルク具合がガーナって感じです。
ガーナ好きなので、ガーナの味+エアーズの食感で良いです。
ただ、チョコだけなので沢山は食べられないです。
先日フランスパン用高級粉
リスドォールを手に入れたので、
早速作ってみました。

でも、実はこれが二回目です。
一回目は粉の分量を間違えて(ボケてて入れ物の器もカウントしてたと推測)
べちゃべちゃのものが出来ましたorz

今回は成功するぞ!!!と気合十分です。

レシピはクックパットのを参考に、複数の作り方からある程度
独自配合・独自の作り方にアレンジしてあります
小麦粉 300g
イースト 3g
塩   3g
モルト粉 2g
水 210g

という配合にしました。
気づいた方もいると思いますが、水の比率が非常に多いです。
普通のパンは50%程度の比率なのですが、このブールは70%にも及びます

なので、まともに整形できません。
ということで、丸型、スライム形のパンとなります。


出来上がりの写真がこれです
SN3J0313.jpg


作り方は時間がかかるけど、簡単ですよ!
レシピの材料をホームベーカリー(HB)の中に入れて
コースは何でもいいので、

2分 混ぜる 停止ボタンで止める
ふちや隅っこの粉を、真ん中にまとめて
3分休み
2分 混ぜる 停止ボタンで止める
2分休み
2分 混ぜる 停止
そのまま入れ物を取り出してラップをして
オーブンの30度醗酵で
1.5時間発酵(2倍になるまで)
生地を入れ物から、取り出し軽く押して
また戻す(ガス抜き)
1時間発酵(2倍になるまで)

粉をたっぷりつけた手で取り出して、
打ち粉をしたクッキングシートに出して
横角を軽くたたいて綺麗な形に丸める
霧吹きをかけて暖かい部屋で常温60分発酵


その間に
オーブンの自動フランスパンコースで、余熱
天板の余熱をお忘れなく

完了したら、
包丁に油をつけて、思い切りよく切り込みを入れる
天板を出してクッキングシートごと天板に置く
その後スタート

自動がない人は、最高温度で余熱して
蒸気付で10分焼く
200度に落として20分焼く
とかでよいでしょうか??


時間が来たら出来上がり

ほれほれ、クープもきっちりかっちり出来ていて、めちゃ本格的!
SN3J0314.jpg


切ると中身はこんな感じです。
SN3J0315.jpg

拡大するとこれで、写真ではわかりにくいですが、中は水分たっぷりで
外は超パリパリ、中ももっちりジューシー?
ブルディガラで感動した時を思い出します。まさにそんな感じに仕上がっています。
SN3J0316.jpg

今回気合が入っているので、天板も例の石板を持ってきました。
余熱している時に、コンロで石を熱していたため、底の部分もこんがり焼けています。
SN3J0317.jpg


食べた感想は
まさに、ホンモノの味?っていう感じのめちゃめちゃ超うまいです!
石焼オーブンの自動コースで焼いたのもあり、
外はパリパリ、中はモチモチ。お店のパンに迫る出来上がりです。
しかも、焼きたてなので下手な有名店よりもおいしいです!
また作りたくなる逸品でした。
 例によって、限界おなか一杯まで食べてしまいました。。。反省


作り方を見て分かるとおり
生地を手で触るのは、ガス抜きと、発酵時の2回だけです。
後は、手を汚さないのがかなりイケテイルと思います。
フランの限定

Fran 塩ミルクです
SN3J0322.jpg
SN3J0323.jpg


中身はちょっとおいしそう
SN3J0324.jpg


感想
ミルクチョコレートです
ミルクのコクがなかなか良い感じで、好きな味ですね。
相変わらず、1袋に3本と少ないですが。。。
塩は、確かに時々小さい粒塩が感じられます。
でも、従来の塩ものよりも、塩が主張しすぎず
控えめで時々見えかけ隠れする程度です。
 好感が持てるおいしい味です。
トッポの限定
トッポ クリームブリュレ


左下に輝く香料使用!カスタードも香料にされてしまいましたorz
SN3J0303.jpg
SN3J0304.jpg

中身はこんな感じ
SN3J0305.jpg






感想
まず袋を開けるとプリンのような香りがプンプンします。
そう、カスタード香料使用という表記を見逃しませんよ!!
香料バリバリ人工的な香りです。
まー、半分バニラエッセンスなんですが。
とりあえず、それでまず50%だいなし。
味は香料のせいかトッポの香ばしさが影を潜め
香料の香りがでて、食感もイマイチ、味もよくわからなくなってしまいました。
ということで、駄目です。嫌いな部類です。
珈琲器具シリーズで
今日は珈琲ケトルです。

昨日はカフェプレス用なので、こんなケトルは必要ないですが
ドリップの場合やっぱり必須でしょーーって言うくらいいいですよね。
(昔は急須で代用してましたが、やっぱりこういう専用器具がいいですね)
コーヒーケトル


中はぴかぴかです。
ただし、2年間5回以上空焚きして、今は見る影もないくらい変色して、底は焦げてます(笑)
コーヒーケトル



もう2年くらいは使っていますが、まだ元気です。
安かったけど国産だしIH対応だしかなりいい感じです。
空焚きしまくったわりに今のところ水漏れもないし、良い仕事をしてくれています。
国産なので、空焚きしたら変な成分が溶け込んでないか?とか心配で仕方ないですが、
そこは国産、安心できます(ま、国産でも絶対ではないですが。。。)


ここで買いました。


暫く前から我が家の珈琲メーカーは
メインがカフェプレスになっています。


 カフェプレスはポンポンのマスターがお勧めらしく、
考え方は、ペーパーフィルターだと、紙の香りや紙自体においしい成分も吸い取られてしまうけど
カフェプレスは、おいしい成分が余すところなく抽出できる
という感じかな。


これ↓ アウトレットで買った500mlくらい入るものです。
SN3J0114_20091003151810.jpg


作り方は簡単
豆を荒挽き(これがミソ)で挽いたものを珈琲メーカーに突っ込んで
目安はこの写真くらい? 細かくすると雑味も出てくるし粉がそのまま珈琲に入ってくるので
細かくしないようにしてください。
SN3J0115_20091003151810.jpg

中に入れるとこんな感じです。
SN3J0116_20091003151810.jpg

そしてお湯を入れます。
どんなにうまくいれても、写真のように粉が上に浮いた状態になるので、
マドラーなどでかき混ぜる必要があります
SN3J0117_20091003151810.jpg

かき混ぜるとこんな感じでなじみます。泡も出ます。
SN3J0118_20091003151810.jpg

そして、軽くプレスして。フィルター部分をフタ?のような状態にして、フタをお湯が出ない状態にして
5分ほど待ちます。
SN3J0119_20091003151828.jpg

そして、5分が経ったら、フィルターを一番奥まで押して
SN3J0120_20091003151828.jpg

フタをお湯が出る位置まで回して、カップに注いだら出来上がり
SN3J0121_20091003151828.jpg


最後の方まで入れると、微粉がカップまで入ってくるので
それが嫌な人は勿体ないけど、ちょっと残さないといけないですね。



味は
ペーパーと比べて味がちょっと違います。
まろやかというのか、なんというのか。カフェプレスの方が味が多いような気がすします。
ただの気のせいかもしれないですが(笑)

 問題は、これ。片付けが意外と面倒。
ペーパーフィルターだと紙ごと捨てればいいですが、カフェプレスは豆をどこかに捨てないといけません
我が家では三角コーナーに捨ています。
でも、三角コーナーのフィルターが洗い方は捨てない方が身のためです。
そのまますり抜けていきますよ(笑)
ポンポンの世界一の豆
ブラジル・カケンジ
です。

この豆はいつもどおり凄いですよ!
2009年でブラジルCOE 1位の豆です。
いつも言っているように、ブラジルは珈琲出荷ですが、世界一位です
その中の世界一の品評会で一位ということです。
 つまり世界一の豆と言っても良いくらいの代物です。

豆は
SN3J0240_20100130135607.jpg

粉と蒸らしです
今回は高いので知人と共同購入で、分け合って僅かしか手に入りませんでした。。。
ということで、非常に少しのため、ふくらみがイマイチですね
SN3J0241_20100130140025.jpg
SN3J0242_20100130135607.jpg



感想
飲んだ瞬間、少しだけ酸味が来て、次の瞬間は甘みがほわっとします
香りはブラジルで、良いです。
ただ、値段と1位!!ということを付加価値とした以上のおいしさはなかったかも。
かなりおいしいけど、今年最高ではなかった気がします。
私の周りでは、他のCOEの方がおいしいという意見もあります。
嗜好品ので、しかも素人意見なのでここら辺は完全に好みですね。
ただ、世界最高のコーヒーを飲めてすごく幸せです。

二度目に飲んだら、1回目と比べてかなりおいしいです!
香り・甘み・酸味加減・コクどれをとっても素晴らしい。うーん幸せ!
ファミレスの
炭焼きレストラン さわやか
です。

HPもありますhttp://www.genkotsu-hb.com/

大阪では支店がないので、「なにそれ」炭焼きなのにさわやかなの?
何屋さん?
変な名前、てか所詮ファミレスやん

いやいや、違うんですよ。
本社が浜松で、ほとんどが静岡周辺だけのファミレスといえど侮る事なかれ、
地元では有名なお店で
それがちょーーーーーーーーーーうまいんですよ。
ファミレスとかそこら辺の個人有名店を含めても、ここよりおいしいところは
めったにお目にかかれません。
他の土地から遊びに来た人を連れて行くと、100%おいしいーーーーと
感動して帰っていきます。ファミレスなんですけど。
というくらいです

私のグルメ仲間も口をそろえて「うまい」といいます。
と、前置きは長くなったのですが


この店は基本的にハンバーグ屋さんです。
ファミレスのハンバーグ屋さんというと、びっくりどんきー、ビックボーイが有名ですが、
ハンバーグが異質です。美味しさ評価では
さわやか >>> 越えられない壁 >>> びっくりドンキー=ビックボーイ

まず、100%牛肉を使っています。
そして、厚いです。一押しのメニュー「げんこつハンバーグ」は
大きさが女性のこぶしくらいの大きさと形です。
そして、じゅーじゅー焼けた熱々の鉄板の上に乗ってやってきます。
席で店員が半分に切って、タレをかけて鉄板に押し付けて完成です。
そのときにすごくタレが飛び散るので服が汚れないように↓のような
紙が用意されています。下の左右にここを持ってくださいとマークが書いてあります。
SN3J0177.jpg

そしてジューーとした後の紙がこれ
すごい飛び散ってますよね。これがまたイイ
SN3J0180.jpg


完成図の外見はこんな感じ。一見普通の厚い目のハンバーグじゃないですが。ところが次の写真
SN3J0178.jpg




この店の一番の特徴は、真ん中変がミディアムレアくらいの焼き加減で
中が赤いのです。写真でわかりにくいかもしれないけど、切り口が赤いです。
SN3J0179.jpg


感想
私も久しぶりに食べたのですが、
さすが味は超うまいです。半生のハンバーグがやわらかくてジューシーで
なんというか、タレと肉が調和されて肉肉って感じです、美味
タレはオニオンとデミグラスがあるのですが、オニオンの方がすきです。
写真は「げんこつ」より少し小さい「おにぎりハンバーグ」
付け合せのじゃがいもも、にんじんもおいしい。
とにかく静岡に行ったら一度食べてみてください。
ファミレス最強の味ですよ。一度この味を知ると
びっくりドンキーとビックボーイが、かなり駄目駄目に感じてしまう
人もいるかもしれません(実は私もその一人)

もちろん焼き加減は調整できるので、生が嫌いな人はそう注文できますよ
ホンジュラス・カングワル
オレンジのような明るい甘さと
なめらかな口当たり!

1600円/500g  1090円/250g

もちろんこれももう売ってません(キッパリ)

SN3J0160_20091114151854.jpg

粉と蒸らしたときです。よく膨らみます
SN3J0165_20091114151854.jpg
SN3J0166_20091114151854.jpg




感想
香りが良いです。
角がない味なので、ホントに滑らかな口当たりです。
甘さも抜群で美味しいです。
でもやや薄めで飲んだので、物足りなさはあります(笑)
最近は胃腸が弱ってるので、薄め続きです。。。

普通くらいの濃さで飲んだら。
甘い。苦甘い。美味しいです。香りフルーティーです。
やっぱり薄い珈琲も美味しいけど、やや濃い目が好きです。
今までは、胃が痛くても胃もたれしても、焼肉とかフライとか食べ放題とか
平気で食べるという、私らしくなかったです。
これからは、普通の濃さ~濃い目で行きます!!
ショパンの新作

ショパン ショコラ&ホワイト
ショパン


ショパン


パイを包む2つの美味しさと書いてあった通り
2種類入ってました。
ショパン





感想
ショコラの方はパイ生地の方はサクサク感じがなんか悪くないけど、なんかいつもと違う
素直に喜べない感じの食感でした。
ホワイトの方はパイ生地が少ないので、サクサク感じはあまりありませんでした。
ホワイトなのでナッツの香りはこっちの方が強いです。
全体的に、いつものショパンの方がおいしい感じです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。