いろいろこだわってみる(☆グルメ・コーヒー・DIY☆)

自分の興味あるいろいろな話題についてのこだわりを書きます。 美味しいコーヒー、店、料理も自作するグルメなページです。 気になったお菓子のメモいろいろなメモ代わりのブログです。 最近家作りを始めました!!
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんとなくチョコ食パンが食べたくて作ってみました。

いつもタイマー予約で作ってます。そして、ホームベーカリーの攪拌力は
恐るべきパワーがあって、なんでも粉々にしてしまいます。
ということで、チョコの固形が少し残っている事を祈っては板チョコを丸々入れてみました。
もちろんガーナチョコです。

そして出来たのがコレ↓ 1.5斤
穴が開いているのは指で潰してしまいましたorz
下の方にちょろっとかき混ぜそこないのチョコがありますので、ひょっとして
粒の状態で残っているのかな?!と期待
SN3J0194_20091030235333.jpg

切ってみると、全体にうっすら茶色。見事に攪拌されていました。。。
SN3J0195_20091030235332.jpg


味は
茶色になってますが、うっすらチョコ風味程度でした。1.5斤に板チョコ1枚では
少し量がすくなかったようです。次する時は3枚くらい入れちゃおうかな!
でも、3枚も入れたら市販のものよりも高価な高級食パンになってしまいます。。。

そして、全部食べ終わるまで粒状態のチョコには出会えませんでしたとさ。。
スポンサーサイト
 液晶テレビとかプラズマよく聞くコントラスト比
何かというと、一言で言うと明るいところと暗いところの差(比)です
 表示デバイスの画質の指標として用いられていますが、
カタログスペック上よければいいということでもありません。
 実際、下の一覧の紙のコントラストを見てください
反射率という概念もありますが、15:1と液晶やプラズマと比較すると
かなり少ないというのが分かります。
 中にはコントラスト比を上げるためにずるい技を使っているものもあります 
 特に液晶の場合一時期コントラスト比をあげるために
やたらバックライトを明るくして明所を明るくして比を稼いでいたころがあります
そんな明るい画面みたら目が疲れるってーの。というくらい。
 最近は落ち着いたのかな?

 本当の画質が良いコントラストとは明所が浮かび上がるのではなく
暗所が沈み込むものです。そういう意味でパイオニアの画質が秀逸

 ちなみに、プラズマがコントラスト比が良くて、液晶が悪い理由は
プラズマは各画素の部屋が分離されていて、隣の光があんまり漏れてこないからです
逆に液晶は全体が明るいところを光をさえぎっているのだけなので、隣の明るさが入ってきて
暗所も明るくなるから、比が悪いのです。


新聞   白色比 50~60% コントラスト比10:1
コピー用紙 白色比   80% コントラスト比15:1
電子ペーパー(富士) 15:1以上
有機半導体電子ペーパー 9:1
有機EL(ソニー) コントラスト比 100万:1
液晶(シャープAQUOS LV-52TH1) 明室1000:1
                     暗室2500:1
 放送業務向けで100万:1も
プラズマ(パイオニア黒) 20000:1

プロジェクター(反射型)液晶(ソニー VPL-VW60)  35000:1
今日のコーヒーは
土居コーヒーの、焙煎でどれだけ甘みを引き出せるかセットの
メサデ・サントス コロンビア
です。
しかも、相当前に飲んだやつです(^^;

例によってパッケージと豆は忘れました

メサデサントス 土居
メサデサントス 土居



説明は以下

コーヒーは化学肥料や、化学薬品の力に頼らずに作ると、コーヒーの木は本来の力で地中深くに根をのばし、水分と肥料分を吸収するようになる。
この栽培方法は、土地の個性がより反映された味わいをもつコーヒーの実が出来上がることになる。
しかしこの栽培方法は、コーヒーの木が病気にかかりやすくなるというリスクも高まる。
そのため収穫までいかにきめ細かく管理できるか、オーナーをはじめ農園内のスタッフの力量が問われる。
このメサデサントス農園は、上記の手法をもってコロンビア国内の数多くの農園の中から"理想の農園"として認められる存在。
農園主のオズワルドは、アメリカスペシャルティー協会主催のセミナーにおいて参加した農園のオーナー達に運営方法について講演を依頼されるほど知識の持ち主。
もちろんコーヒーの実は、完熟した実を丁寧に手摘みで採られ、厳しい選別にかけられた。
こうして造られた銘柄はコロンビア産らしい、キャラメルを焼いたような甘い香りが豊かに香る。
まろやかな飲み口と、華やかで長い余韻を持つ「甘味」が楽しい。

香り  コク 酸味  苦味 甘味
   


飲んだ感想は
香りは土居コーヒーらしい香ばしさです。
でもコーヒー自体の香りは若干少ない目な気がします。
土居さんのテイスティングはコクが◎ですが、それほど感じられません。
私のコクの認識がまだ甘いのかな。。。後味としてはコクが感じます。
飲んだ瞬間はあっさりに感じます。
 甘みは他のスペシャリティー並みかな。
後味は結構強い目の苦味と甘みが残る感じがします。
紗々の新作
紗々 和栗
です。


パッケージ
SN3J0231.jpg

裏面です
SN3J0232.jpg

中身は、いつもの感じで白く見えているのが栗部分
SN3J0233.jpg



感想
食べると紗々の食感に栗とチョコです。
ホワイトチョコに見える部分が栗の味で
なかなかおいしいです。
紗々は食感が命のお菓子ですね
静岡市の特定の店限定で売っているパンです。

以前は静岡全域で売っていたのが、工場の大人の事情でこうなったそうです。
一応プレミアということで、写真とりました。

のっぽパン

独特のクリームの味です
安い味ですが、根強い人気があります。

私は。。。普通かな?という感じです。
まー、それでもプレミアムにつられて時々買ってしまいます。
本町にある有名パン屋さん
フール・ドゥ・アッシュ
です。
イートインも出来ます。


フランク
フールドアッシュ

トーストして食べました。100度で10分、250度で3分くらい
ソーセージおいしくて、マスタードが最初から入っていてピリ辛。
パンはパリパリ。めちゃパリ
辛さは好きですが、パンの風味が若干感じにくくなっています。



セーグルフリュレイ
フールドアッシュ

ナッツやくるみ、オレンジ、レーズンなどいろいろなものが練りこまれていて
パン生地といろいろな味が調和されています。
パン生地自体は水分を凄く含んだモチモチ系から
柑橘系がやっぱりつよいからオレンジの香りがやや目立つかな。
でも、このパン。いろいろ密度のあるものが混ざっているせいか
見た目より数倍重たいです。パンっというより、石です(言いすぎ)
それくらい、密度がぎっしりです。
パン生地の食感がわかりにくいほど、沢山の具が練りこまれています。
これは確かに、一番人気だけありますね。
ポルテの冬限定
ポルテ クリーミーホイップ
です。
SN3J0145_20091114153516.jpg


 去年も似たようなの出てたなー、見たら
去年はこんなの出してました
http://yossieblog.blog78.fc2.com/blog-entry-1114.html

名前が微妙に違う。。。

SN3J0146_20091114153631.jpg
SN3J0147_20091114153631.jpg





感想
書いてある通り、最初サクサクです。
でも直ぐに口どけしてしまいます。
クリーミーも確かに書いてあるとおりです。
なかなか美味しい。
中身は全部サクサクな印象をうけましてが、底のビスケット部分だけみたいです。
基本

・醤油や味噌などで味付けした状態で冷凍すると、そのまま冷凍するより日保ちする。

・おいしさを保つためには急速冷凍が一番。熱伝導の悪い発泡スチロールのパックから出して、
ラップに小分け包装を


・厚い金属のプレートの上に冷風が直接あたる場所に置くと、早く凍る?


・形状は、表面積が一番広くなるように出来るだけ薄く平たく


物別冷凍の下ごしらえ
肉類
・そのまま冷凍
・一回に使う分ずつ小分けして冷凍
・ひき肉は、お箸などで筋をつけて一回分に割れるようにすると良い(深めにするのがミソ)


野菜類
・もやし・・・3分ぐらい茹でて(シャキシャキ感が残るくらい)、ざるに上げ水で冷やします。水気を絞って冷凍
・しょうがはそのまま保存ではNGだが、すりおろしや、煮込む料理には香りは残る
 ただし、一回分ずつ切ってから凍らせないと包丁が欠ける。。。

蛍池にある

ネパールキッチン カトマンズ
R176沿いにある店です。昔は何回も通っていたのですが、
最近はほとんどと言っていいほど通ってませんでしたので、
存在自体を聞くまでしりませんでした。
 知り合いが、前から気になっていたという事で、
行ってみました。


ナンはフルサイズとハーフサイズが選べます。
初めてなので、とりあえずフルサイズをチョイス
どのくらいの大きさかというと、こんなデカイ!!!
皿からはみ出しすぎ!!
結構インド料理屋は行っていますが、最大級です(群を抜いてはいないです)
ネパールキッチン カトマンズ

細かいメニューを拡大していくと
ネパールキッチン カトマンズ

タンドリーチキンがちょこっと顔を出しています。もちろんお皿からはみ出して。。
ネパールキッチン カトマンズ


感想
とりあえず、ナンが美味しいです。
カレーはやや辛くらいでした。カレーの味もBEST3に入ります
とにかく
ナンは数ある行った店の中でも、インド料理屋でも一番美味しいかも。
大きさもですが。。。

甘くてふわふわでパリパリで。なんとも言えないですね。
千里中央に行く用事があったので、
行ってきました。
老舗で当地ではかつサンドで有名な店
ニューアストリア
です。

カツサンドは、野菜入りと、なしが選べます。
写真は野菜入り
ニューアストリア


食べた感想は
野菜入りをたのみましたが、おいしいです(笑)
いや、カツサンドはへたな店だと、でかく切りすぎてたり硬かったりで
カツだけ先に失礼みたいな感じになっちゃいますが
ここのカットの大きさもちょうどよい。一口サイズです
あと、野菜入りなのでトマトとたまねぎとタレ?とカツが絶妙な
ハーモニーをかもし出して、おいしいです。
こういうカツサンドは初めて食べました。
 カツ単体は野菜のおかげで評価不能です
そこそこやわらかかったです。次くる機会があったら、野菜なしにしようかな。
また食べたくなる味でした。

 強いて欠点を言うと、野菜とカツの厚さが1:1に近いので、
うまく食べないと野菜がぽろって分解しそうになることです。
ポンポンの3月の豆
サマンバイヤ ブレンドです
そう、もう時期一年前の豆となります。。。当然売ってません(笑)
それはともかく、12月のポンポンの豆は
カップオブエクセレンスのブラジル1位の豆です。
つまり、世界一の豆の発売です。販売数が少ないので早く買いましょう!!
(ポンポンの回し者じゃないですよ)


パッケージです
サマンバイヤ2009
サマンバイヤ2009

粉と蒸らしです。ふくらみは普通くらいかな
サマンバイヤ2009
サマンバイヤ2009



今回のはかなり美味しいかもしれない
甘い味です。凄い香りはブレンドなので特徴はそれほどないですがいい感じ。
がぶ飲みできるナチュラルさ。多少ナチュラル製法?っぽい香りがします。
後味も甘~い
苦味も酸味もあんまりありません。
しかし甘い
なんか見たことないお菓子があったので買いました

お菓子に目とか口が書いてあります。書いてあるからって食べたいとは思いません
SN3J0205.jpg

裏面。でん六という知らない会社のです。
SN3J0206.jpg

中身はこんな感じ。私の好きそうな味ですね
SN3J0207.jpg

感想
やっぱり良い意味で予想通りの味です。
うまい棒チョコ味が中までチョコがしみこんだ味、という感じです。
なかなかおいしい。また買っちゃうかも?という感じです。
ポッキーの限定物
ポッキー 11種類のフルーツミックス
です。

なんでも、11回目のポッキー&プリッツの日の記念で
作ったとか。

日本人はやたら無駄に記念日とか、一番とかつくりたがる悪い癖がありますね。

11種類のフルーツミックス

ぽっきー記念日が11回目ということです
11種類のフルーツミックス

中身はカラフルな感じ
11種類のフルーツミックス



感想
フルーツの香りが凄くします。そう、香料です。香料のにおいがぷんぷん
私はプンプンフルーツの香りがそこそこするので、それはいいのですが
香料が。。。
安易に香料に頼るのはやめて欲しいと思う今日この頃。
多分、フルーツ系とか香りが物を言う商品は昔の方が美味しかったんだろうなぁ。
雪見だいふく ダブル生チョコレート
です。
なんで寒い時に新発売するのか意味不明ですが、とりあえず
それでも私は買ってしまいました。

なんかめちゃおいしそうだったのでつられて買ってしまいました。

パッケージがいいですねー。
SN3J0166_20091101202510.jpg

中身は、餅にチョコが透けてみえます。
SN3J0167.jpg


食べると、外は雪見大福のそれです。
チョコ部分はロッテのチョコアイスという感じ?その中に
とろーーっととろけるチョコが入っていて、濃厚です。
これは結構おいしいですね。
また買っちゃうかも。
 でも、生チョコ部分が少し偏ってました。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。