いろいろこだわってみる(☆グルメ・コーヒー・DIY☆)

自分の興味あるいろいろな話題についてのこだわりを書きます。 美味しいコーヒー、店、料理も自作するグルメなページです。 気になったお菓子のメモいろいろなメモ代わりのブログです。 最近家作りを始めました!!
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クランキーの新しいの
ライス de CRUNKY

です。

ライスパフ&ミルクチョコレートです。


パッケージがクランキーっぽい
ライスクランキー

ライスクランキー


材料です
ライスクランキー


中身はチョコでコーティングされています
ライスクランキー


感想は
食べると、ライスパフにチョコがコーティングされたのですが、
普通と少しだけ違うのは、パフが少し硬い目ということかな。
 あと、ほんのりしょうゆ味ということで、醤油の香りは分析しながら
食べると少し感じます。
 それよりも塩分がやや強い気もする。。。

スポンサーサイト
ブルボンの新作?
クラッシュポテルカ です。

ポテトとかクラッシュフレークをチョコで固めたという、よくある感じのです。
こういうのは私は好きなので、つい買ってしまいます。
 このお菓子は、一言で言うとポテトチップスを砕いてチョコで固めたというのかな。

パッケージはこんな
クラッシュポテルカ


裏面です
クラッシュポテルカ


中身は写真と同じかな
クラッシュポテルカ


感想
 ポテトチップスのチョコの味がします。
でも、そのまんまです。それにフレークも混ざって、塩味とポテト味とフレークの味が
共存した、若干不思議な味です。
 最初は違和感ありましたが、食べて行くとなんかクセになる。
 もう一つ特徴は、少な!個包装しすぎ。
 でしょうか。
前から出てたかもしれませんが、
とりあえず食べた事なかったので、買いました。
ポッキーデザートシリーズの やわらかチョコレートケーキ風です。


パッケージです
ポッキーデザート やわらかチョコケーキ


裏面です
ポッキーデザート やわらかチョコケーキ


中身はなんか豪華にいろいろ付いています
ポッキーデザート やわらかチョコケーキ



感想
何がケーキ風かというと、多分プリッツェル部分が柔らかいからでしょう。
普通ポキッって感じなのが、これはヘナって感じです。かといって、
湿ってシナってわけでもないですね。
 といって私はポキの方が好きなので、普通でした。
可もなく不可もなく
バンホーテンチョコの新作

バンホーテン Dear cacao
です。

ココアパウダーにチョコって段々カカオに戻ってくるような気もするけど。
まー、そこら辺は気にしません。

パッケージは少し美味しそう
バンホーテン ディアカカオ


裏面です
バンホーテン ディアカカオ


中身はチョコです(^^;
バンホーテン ディアカカオ


味は結構ビターな感じがするけど、甘いです。
ビターなのか甘いのかよく分からないチョコです。
バンホーテンといえばそんな感じがします。
まー、チョコとしては美味しいけど、もう買わないかな。。
土居コーヒーの豆の
タンザニア モンデュール農園

タンザニアなのに、モンデュール(フランス)とはこれ如何に?(笑)
ちなみに、元フランス領じゃくて、元イギリス領です。

注文した一週間後に見てみると既に売り切れていました。危ない危ない。

パッケージです
土居タンザニアモンデュール


豆は
土居タンザニアモンデュール


粉と蒸らしです
土居タンザニアモンデュール土居タンザニアモンデュール




土居コーヒーの説明です

タンザニアは標高1650から1840mにある山麓に位置する農園。火山灰層と腐葉土で構成される土壌は、コーヒー栽培にとっては最高の条件。

現在農園創設者はもう亡くなり、そのオーナーの二代目であるデイビック兄弟が初代オーナーの意志を引き継ぎ運営。

この農園の実績は申し分ない。タンザニア コーヒーコンクールに置いて金賞を受賞。この農園からの銘柄は世界的に知名度が高く、この農園から出荷される銘柄はイタリア、アメリカをはじめとする有数のコーヒー販売業者から、「モンデュールブランド」として取引されるほどの逸品。

最高の品質の維持は、大量生産の基では生まれないという哲学のもと運営されているため、生産量は年間生産量 3,500袋に限定している。

土壌、標高、品種、スタッフの管理、精製管理。高品質な銘柄を生み出すための農園の条件は数多くあるが、これほど条件を満たし完成された農園は世界中でも珍しい。

高得点で評価されるコーヒーの酸味とはどういった味わいなのか?そうお考えの会員の方は、まずこちらの銘柄をお試しください。



香り コク 酸味 苦味 甘味 お勧めロースト
◎ ○ ◎ フルシティロースト



感想は
一口目
香りが独特です。今までのタンザニアとも一味(香りだけど)違う感じがします。
これまた新しい香りかも。。。
 そして、土居さんのテイスティングだと苦味は少ないけど、結構感じられました。
逆に酸味が予想ほど感じられませんでした。フルシティーのせいかな。
 そして凄くコクもしつこくない程度に十分あります。甘みは普通くらいかな。
後味はコク甘みって感じかな。
 さすが、キリマンジャロだけあります。

 また新しいコーヒーに出会ってしまいました。
奥が深いなー
紗々の新作
紗々 strawberry
です。

あまおう苺使用ということですが、
苺にあんまり興味がない私にとっては、ふーーん程度でしたが(^^;
じゃぁ、なんで買ったの?と突っ込まれると厳しいですが
シャシャが好きだからです。

パッケージです
しゃしやストロベリー


裏面と
しゃしやストロベリー


中身は色がストロベリー
しゃしやストロベリー


感想
食感は紗々の食感です。
全体的な味は、アポロですな(^^;
アポロ好きだから、美味しいです。アポロは明治だからメーカー違うんだけど
紗々の食感のアポロです。
美味しい
期間限定お菓子 若干遅れ気味の話題

和栗のプチモンブラン

パッケージはなんとなく美味しそう
和栗のプチモンブラン


裏面です
和栗のプチモンブラン


中身は予想通り??
和栗のプチモンブラン



感想は
モンブランの香りがよくします。執拗にします。と思ったら香料使用です(^^;
でも、裏面を見ると栗パウダーを使ってるので、本物の香りも混ざっているようです。
うーーーん、甘い。
ということで、あまり好みではないかもしれません(^^;
また期限切れネタ。。。

チョコボールの新作

黒いチョコボール 黒糖ミルクです。

パッケージは前に出た別味の黒系と似てます
チョコボール黒糖ミルク


裏面です
チョコボール黒糖ミルク


中身はやっぱり同じ(^^;
チョコボール黒糖ミルク


食べると
すわっ、黒糖!というくらい黒糖の風味です。
ほろにがココアビスケットを蹴散らすくらい黒糖です。
もう黒糖の味しかしませんよ。
え、チョコは?チョコも黒糖です。
黒糖もそうですが、風味系の砂糖ってパワーあり過ぎですね。
嫌いではないですが、あまり好きでもないですね。
ちょっとくどいかな
新発売の
ガーナホイップチョコレート
です。

ガーナチョコの味は、チョコレートの中でも一番好きかも??
というくらい好きな味です。
あれに、ビターとか出たらいいのになあ、と常々思っています。

 ガーナミルクだけどビターチョコレートみたいな

パッケージ
ガーナホイップ


裏面です
ガーナホイップ


中身です
ガーナホイップ



感想は
一口食べたら周りのミルクチョコでチョコの歯ごたえです。
味自体はあの、ガーナの味ですよ。ガーナの。まったくもってガーナです。
ガーナがな(エセ関西弁)。
 それで、中身はホイップなのですこーし固めのホイップの食感がします。
まとめると、食感の少し違うガーナチョコです。
はい、綺麗にまとまったところで。多分また買います。
箕面の滝に行く途中に
突如こじゃれていそうな珈琲屋さんを発見

山本珈琲 喫茶店

ということで、早速入ってきちゃいました。


この店は紅葉狩りの客が多いせいか大人気で、並んで入りました。
店内に入ると、古い大小いろんなミルがオブジェとして飾られていました。
中には、自分の背丈ほどのデカイミルもありました、ホントに使ってたのか?
とか疑わしかったですが。。。。

あと、お店から外を見るとなんか旅館から外を眺めたような感じでなかなかイイ
山本珈琲 喫茶店



珈琲は
紅葉ブレンドと
山道ブレンドを飲みました。
山本珈琲 喫茶店

飲んだ感想は
紅葉ブレンドは、一口目になんかいつもと違う香りが一つしました。
フルーティーというのか、紅葉をイメージされた香りがします。
今までと違う香りですね。これは、人工的なのか本来の香りなかは不明ですが。

山道ブレンドは、山道をイメージされていたのか、土のような感じの香りが
しました。土の香りじゃなくてイメージですけどね。
こちらは、酸味と甘味が強いということですが、酸味もありまたが
なぜかエグ味も多かったですね。

そして、おそらく両方の珈琲とも山本珈琲の焙煎の香りがしました。
焙煎の香りってやっぱりその珈琲屋さん独特の香りがするんですよね。

私は、紅葉ブレンドの方が好きでした。


あとお土産で、「山本スペシャルブレンド」が通常1000円/300g
が、なんと500円/300gで売っていました。
安い!!!ということで、買ってしまいました。

コレ↓
山本珈琲 喫茶店
箕面の紅葉へ見に行ってきました。

 さすが、大阪地区では有名どころだけあって、普段はあんなに人が少ない
阪急箕面線が、かなり人沢山でした(^^;
しかも心なしか、平均年齢高い(笑)

 箕面駅から人の流れに沿って山に行くと、山道のお土産屋さんのところどころ
もみじ天麩羅を揚げている姿を見られます。
見ていると、かなりの確率でおばあちゃんです。

袋はどれもこんな感じです
もみじてんぷら

天麩羅を拡大するとこれです。天麩羅といえば天麩羅
もみじてんぷら
クリックで拡大


 食べた感想は
 天麩羅というより、せんべい?という感じですね。せんべいではなく、なんというのか
ドーナツと天麩羅を足して二で割った感じというのでしょうか、
独特のカリカリ感と、味です。
ちゃんともみじが入っています。というのは、後味でもみじの繊維が口の中に残っていたので。
 私的にも紅葉狩りの行きに一袋食べてしまいましたが、
帰りにもお土産をかってきました。

 天麩羅は揚げたてが食べたかったので、揚げたて食べられないですか?って聞いたら
ベタベタだから無理、って断られてしまいました。。。
まーたしかに揚げたては油ギッシュですな。


あ、え?紅葉はどこ行ったって?
メインは紅葉に行くといいながら、いつの間にか、もみじてんぷらに変わってる。。。
えー、食いしん坊ですが、何か?

ついでに、紅葉写真も(ついでかよっ)
第二の目的(笑)の紅葉はめっちゃ綺麗に赤くなっているところがところどころ
絶景ポイントの一つのシャメです(逆行か携帯だとこれが限界です)
もみじてんぷら
クリックで拡大


箕面の滝がゴール
もみじてんぷら
クリックで拡大



フランのげんてい?
フランホイップス ふんわりホワイトショコラ&香りあふれる苺


パッケージ
フラン本割りしょこら


裏面
フラン本割りしょこら


中身はこんな感じ
フラン本割りしょこら



食べてみた感想
ホイップでチョコがふわふわ系です。ホワイトチョコは普通ですが
苺も普通です。
つぶつぶが少しあって、ところどころ酸味を感じます。
ちょっと優しい感じの苺かな。
フランの新作?
フラン ふんわりとろけるオリジナルショコラ

です。

つまり普通のチョコということですね。
パッケージは凄く美味しそう
フランふんわりとろける


裏面です
フランふんわりとろける

これは一袋に4本入ってます。それが3袋
つまり、一箱に12本。。。。すくなっ
フランふんわりとろける



感想は
ホワイトのよりもこっちの方が美味しいです。
ムース系のフランでいつも思うこと。チョコムースで口当たりをよくしようと思っている
と思うのですが、
 びすけっとがどうしても勝ってるように思えてしまうのですが。
でもまー美味しいです。
 文句言っておきながらまた買うかも(笑)
ポンポン恒例のCOE豆

2008年のニカラグアのカップ・オブ・エクセレンス
Linda Vista - Antonio Galo Sanchez
です。
5位の豆となります

HPでは
カップ・オブ・エクセレンス発売!

COE・ニカラグア

HPによると
中米カップ・オブ・エクセレンスシリーズ第2弾
言わずと知れた世界最高峰の豆!
マンゴーのようななめらかさと、ミルクチョコのような香りと甘み!

3600円/500g  2100円/250g


ポンポンにしては高いですね。

パッケージCOEです
COE2008ニカラグア・リンダビスタ


豆はこんな感じ
COE2008ニカラグア・リンダビスタ


粉と蒸らしです。よく膨らみます
COE2008ニカラグア・リンダビスタCOE2008ニカラグア・リンダビスタ



感想
一口目やや濃い目に入っているせいか、絶妙な苦さがして、そして凄く甘いです。
かなり甘く感じました。香りもニカラグアって感じです。
全体的に苦くて甘くて、それぞれの味が強いです、そこそこ主張しているにもかかわらず
うまく調和がとれています。主張と調和ってなんか相反するところですが、
そこら辺がうまくまとまっているのが、COEの豆でしょうか。
美味しいです。
後味は、甘い香ばしいです。

 やや薄い目でも飲んでみました。
そしたら、苦味が抑えられて甘さが引き立ち、酸味も少し減りました。
ということで、こっちの方が好みです。もともとスペシャリティーは薄い目なので
これが正しい飲み方だと思いますしね。
 なんか、濃いとおいしいんだけど、苦味、甘み、酸味、コク?がそれぞれの
テイストがめちゃパワーがあったのですが、それがそれぞれ溶け込んで落ち着いています。
濃いと野生の味で、この薄いとお上品な繊細なセレブな味です。
結論、両方おいしい!!!
ショパンの新作といっても、しばらく前から出てますが
レモンクリームパイ
です。

音まで美味しいと書いてありますね。
好きなショパンのホワイトチョコ系?のものですが、
レモンクリームというのが若干ひっかかりつつも、買ってみました。

パッケージです
ショパン レモンクリームパイ



裏面
ショパン レモンクリームパイ



中身はこんな感じ
レモンって感じ?
ショパン レモンクリームパイ




食べてみた感想は
あー、やっぱりこの味か。という感じで。クリーム系のチョコは嫌いじゃないですが
レモンクリームみたいなものが混ざるとあまり好きではありません。
ということで、味?香り?自体はあまり好きではないですね。
ただサクサク感は普通のよるあるような気がする?ので
レモンクリームが好きな方にとっては、美味しいと思いますよ
梅田のNU茶屋町8Fにある
GUMBO & OYSTER BAR
へ行ってきました。

HPはここ
http://r.gnavi.co.jp/k752012/

私が行った時は、写真の↓のオイスターパネルが、なんと半額!!
12pセットが通常価格6600円くらいだったかな。がなんと3300円!!!
安い!!ってことで、12pを注文
GUMBO&OYSTERBAR

写真は3種類4個ずつ乗せられています。ちょうど真上が境目で、1時のところからスタートすると
時計回りで、
北海道厚岸
岩手釜石
長崎九十九里
となります。

一番好みは、北海道だったかな、塩の香りが一番してました。


大粒カキフラとフレッシュ野菜のトルティーヤ巻き チリマヨネーズソース
GUMBO&OYSTERBAR
この手のものは大好きなので、つい注文。
おいしいですね。デカイのに一口で食べてしまいました。


次は
牡蠣クリームコロッケ だったかな
GUMBO&OYSTERBAR
見た目カキフライやん!って感じだけど、実は殻が受け皿としてクリームコロッケみたいな
中にクリームコロッケの具?が入っているのですよ、これは新しいおいしい。
でも、少し食べにくい(笑)

オイスタープレートが安いので、調子にのってもう一皿頼んでしまいました(^^)
GUMBO&OYSTERBAR
ここは、産地を指定できるのですよ。なので、次は

北海道仙鳳趾
長崎九十九里
広田
です。

今回も仙鳳趾が好きでした。やっぱ北海道が渡し好みかな。。。


そして、まだまだ行きます
焼き牡蠣3種盛り合わせ   実はこれも2皿頼んでます(笑)
GUMBO&OYSTERBAR
3種と書いてありますが、4人で行ったので4種にしてくれました。
でもひとつは酢締めだったかな。でも酢が一番おいしかったです。


あと、この店が11月に押してた料理 ガンボです。
決して、ネズミがいたちをやっつけに行くものではありません。古い。。。
GUMBO&OYSTERBAR


じつは、これ以外にワインをボトル3本か4本くら空けています。
更に言うと、この店2件目です(笑)
なのに、こんだけ飲み食いしてしまいました(笑)
これで1人8000円くらいです。なので、絶対値は高いですが相対的に
かなりリーズナブルな気がします。
 もし一軒目からこの店に来てたら。。。ちょっと悪寒が(笑)


ただ、高いのは高いけど、味もおいしいしお店の接客がいいですね。
4人で行ったので、こちらが何も言わなくても
すべて4で割り切れる単位で考えて出してきてくれます。
そういう細かいところが、気分が良くなるんですよね。


2008年12月25日までやっているようなので、食べたい方はぜひ
私が行った時は、金曜日だったせいか20時まで待たされました(当たり前か)
ので、予約をお忘れなく。


 最後にカミングアウト
私は実はどちらかという牡蠣は嫌いなんです(笑)特に生!
好きなのは小さいカキフライだけだったのですが、
いやいや、ところが
はっきり言って、そんな牡蠣嫌いな私でも、美味しいと感じました。
下手な生牡蠣はへんな臭み?があって、そういうのが嫌いなのですが
ここの牡蠣はそういういやなところがありませんでした。それが食べられる理由ですね。
十三駅のそばにあるラーメン屋
ばっこ志

そこそこ有名で、関西一週間の今年のラーメン大賞のとんこつの部で優秀賞を
取っていました。
ということで、とんこつです。

私も以前からその存在とうわさは聞いていましたが、
たまたま行く用事があったので寄ってきました。

なんでも、一風堂を卒業して、独自のとんこつ路線へ行ったとか。


まず、店は普通のラーメン屋という感じでしたが、
それ以外の店の感想は、店主の声デカ!!

ラーメンはチャーシュー麺を頼みました
ばっこ志
クリックすると拡大します

味は
コクとまったり感はかなりあります。
うまみも十分あるけど、めっっちゃくどいというわけでもありません。
とんこつ臭はしませんので、飲みやすいです。
 いろんな味がしてスープが美味しい。
あと麺は細麺で、やや硬くらいです(標準状態)。いつも硬めを頼むのを忘れてただけですが。。。

私は普段からスープを飲まなくて、美味しいのは飲みたいけど押さえる感じなのですが、
これは押さえました。結構こらえました(笑)
というくらい美味しいです。

 個人的に一風堂よりここの方が好きな味です。

HPはここ?
http://cplus.if-n.biz/5001521/


かなり久しぶり?にヤフーニュースネタ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081205-00000037-yom-soci

 私もいつも思っていました。賞味期限切れたから、店で売っているものは全部廃棄なんですよね。
店員とかが少しはもらっていくのかもしれませんが。もったいないです。
 コンビニのおでんも、一定時間たったのは捨ててしまうんですよね。しかも、
店員も食べてはいけないという噂です。

 もったいなさすぎ、捨てすぎです。これらをどこか貧しい人とか、食料に困っている人たちに
あげたらどんだけ助かるのか。
 え、自分たちが食べない期限切れをあげるのは倫理違反???そういうのは、豊かで
ぬくぬくと暮らしている人のエゴ的な意見ですね。
 ホントに困っている人たちにとっては、そういう意見ほど邪魔なものは無いと私は思います。
 死ぬか生きるかという人から見ると、もらえたら単純にうれしいと思うはずです(憶測で)


 このニュースの店。賞味期限切れを安くうるというのはすばらしいエコですね。
プリウスだなんだ、というよりもこういうのが真のエコですよ(プリウスはCO2排出が逆に多い)
 賞味期限切れとちゃんと書いてあるので、お腹を壊すかどうかというのはすべて自己責任で
買えばいいだけです。一年切れたのは私は買わないけど
缶で傷がなければ多分大丈夫でしょう。
 10円とか38円とかお金もらっても、売り上げにはほとんど貢献しないでしょう。
ホントにエコでやってるような気がします。違ったりしてね(笑)
 でも、半年以上経過した商品しか記事には書かれていませんが、1日とか1週間とか
少しだけ過ぎた商品はどこに?これはないの?という疑問が残ります。
なんか裏があったら、前言撤回の余地がありますね(笑)

 と、久しぶりにまじめな話題
小枝の秋限定
小枝 秋味です。
若干賞味期限切れの話題ですが。。。


大麦、米、小麦のパフが特徴だそうです。
ホップが隠し味で入っているとか。

パッケージ
小枝秋味


裏面です

小枝秋味

中身こんな感じ
小枝秋味



感想
意識して食べてみましたが、わかんねーーー(笑)
唯一ホップが入っているといえば、そーかなー?程度に分かりました。
でも普通の小枝とは違う味がするので、総合的にやっぱり限定な味です(笑)
後味として、香ばしさが凄く残る感じがいいですね。
フランスの最高職人が監修しちゃったシリーズ

プチフランス
塩アーモンド

です。

これも、ジャン=マリー・オスモン氏が指導・監修したお菓子です。
オスモンが推すモン!!                     ごめんなさい

パッケージは白です。
プチフランス 塩アーモンド


裏面です
プチフランス 塩アーモンド


中身は私の好きそうな見た目です
プチフランス 塩アーモンド




食べた感想は
食感は好きです、でも香りがビターなチョコとなんだろうか香りがします。
そして、食べていくと粒塩かな。がちょこちょこ塩味が感じられて美味しいです。
一口目の香りは?だったけど、二口目からは美味しいです。
やっぱり、こういう系のお菓子は好きです。
 でも、塩が隠し味と書いてありますが、全く隠れて無いですけど。。。
トラックの後ろに隠れたら移動しちゃった!!みたいな隠し味です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。