いろいろこだわってみる(☆グルメ・コーヒー・DIY☆)

自分の興味あるいろいろな話題についてのこだわりを書きます。 美味しいコーヒー、店、料理も自作するグルメなページです。 気になったお菓子のメモいろいろなメモ代わりのブログです。 最近家作りを始めました!!
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うどんツアーPart.2の最後の店です

「おか泉」

 ツアー唯一の一般店です。むかーし来たので二回目の来店です。

 この店は一般店で回転が遅いのもあり、常に同じくらの列を作っています。
ひや天970円が有名な店です。
おか泉

 うどんはもちもちしたはっきりしたコシがあり、私好みです。角もかなりしっかり立っています
麺も綺麗です。機械切りかな?
 そして何よりここの売りは天ぷらです。他のセルフは作り置きだけど、ここはそのつど揚げているので
あつあつ、カリカリですめっちゃ美味しい。
おか泉

 正直香川の他のセルフの天ぷら類は安くて有名だけど、味はたいした事ありません。
なぜなら、作り置きなので上げたてでなく、ほとんどサクサクでなくへなへなです。
ここのはおか泉揚げたて、サクサクです。
 しか~も、えびが超デカイ(写真参照)のが2匹もついています。天ぷらうまー、うどんうまーで大満足
おか泉


 一般店で970円という値段が、他のセルフと比較すると高い目に見えますが
こんだけデカイえび天が揚げたてで出てきて
この値段ははっきり言って文句なく安いです!!
 やっぱりこの店好きだな。

 おみやげのうどんを買ってきました。
スポンサーサイト
 コーヒー作ってから、しばらくしたりもしくはすぐでも、
時々コーヒーがなんか濁ってるような?という時ないですか?
その理由を調べたら、


 基本は紅茶の白濁と同じ理由だそうです。一言で言うと、タンニンとカフェインが結合して結晶化するクリームダウンというものです。

 コーヒー中のカフェインとクロロゲン酸(コーヒーで言うタンニン)の中に、低温では溶けにくい物質があり、
コーヒーが冷めてくると、それらがくっついて複合体が出来ます。
 それが集まって固まっていくために濁ったように見えるわけです。
特にクロロゲン酸は摘出時間が長いと出てきて、濁り易くなります。

 お湯の温度が低いと冷めなくても濁ることがあります(というかもともと冷めてる)。

 ただ、アイスコーヒーの場合、コーヒーを氷で急冷するとクリアなアイスコーヒーになるけど、
ゆっくり冷ますと濁ります。
 おそらく、急速に冷やすとくっつく前に規則正しく浮遊ふれば透明に見えるのでしょう。
ガラスが規則正しく並んでるから、透明で。原石は透明でないのと同じかな?たぶん。。。

wiki
によると
クロロゲン酸は、抽出時間が長すぎたときに顕われる雑味の原因とされる。らしいですね。


 ということで、メモでした

Part.2 三件目は
「さぬきの里」
です。

 予定してた店が休みで、突如決めて行った店です。

 グルメガイドとかにもよく乗っているみたいですね。

さぬきの里

 ここの麺は、つくり置き(というかどの店もそうですが)のわりに、麺が妙に美味しかったです。
 コシは若干弱いけど、独特のモチモチ感があります。これはうまい。これが湯がきたてで
BESTの状態のものだったらもう少しメリハリがついて、もっと美味しいに違いない!!

 食感というか麺質はいままでで一番好みかも。こういう麺を作りたいな
残念なのが、ダシが若干濃い
 Part2の二件目
「あたりや」
です。

 普通に検索してもスポーツ施設しかありません。その施設の地下駐車場に向かって
入っていったら、裏にありました。
昔はこの施設はパチンコ屋だったらしく、まさに「あたりや」という名前にぴったりだったんだけど
今は残念ながらあんまり似合わない。。。
 ダイエットのために運動をしに来る人たちにとっては、まさに危険な誘惑ですよ。
運動しておなか減っているところに、こんな店があろうものなら
2玉とか食べちゃって、意味ないヤン!!みたいな。

 この店も開店前で開店時には、15人くらい並んでたかな
 
 断り無しで撮影禁止です。なので写真なし。断って撮ればよかったと後悔
 天ぷらはガラスの棚に入っていて、清潔をアピってました。

 この店のはひやあつが売りだそうです。もちろんひやあつを頼みました。
 麺が凄いです。角が直角です。普通弾力で角が立っていても直角にはならないのですが、ここのは鋭い切り口です。
 予想通り、かなり硬い目のうどんとなっています。今まで行ったうどん店では最強クラスです。
 硬いけど、コシは普通くらいかな。

 私はそこそこ好みかもしれません。ひやひやを頼んだ知人は硬すぎ!とかいっていました。
 推測だけど、ひやあつにしてちょうど良いように調整されていると思われます。

 ひやひやもどんな感じか食べてみたい気がします。
これくらいなら自分で作れそうなので、今度作ってみようかな。。。



★超有名店なので、楽天でも普通に売ってます。クリック★

ここからは
香川うどんツアーPart.2
ということで、二回目のツアーのレポートです。

 二回目の記念すべく店は、ここも昔から行きたかった
超有名店。香川のうどんといえばコノ店といくらい。池上製麺所です
池上製麺所


 そう、香川でも1位2位を争うほどの有名店。テレビでも頻繁に出てきます。
看板娘は「るみちゃん」。おばあちゃんです。推定80歳以上??

 10:00開店で9:40分ごろに到着しましたが、もう既に長蛇の列でした。だいたい20人くらい並んでたかな?
 うしろについて待っている人が、開店前には倍くらいの列が出来てました。
 さすが、超有名店

 並んでいる時に、飲食エリアでるみちゃんが座っていました(飲食中も)、やっぱり看板娘だけあっているだけで違います。
後ろに並んでた大学生?は「るみちゃんだるみちゃんだ!」と騒いでいました。

 私が食べたのは、ひやうどんの生醤油かけです。あなご天をとりました。デカイのに100円です。これは安い!!
池上製麺所


 うどんは、太めでなかなかうまいです。有名店なだけあります。朝一というのも大きいかな。
 コシはめちゃあるわけではないけど、程よい感じかな。私はもう少しあった方が好みです。
 あなご天は作り置きなので、想像通りの味でした。

 あと、テレビ局の取材がずっといました。
 るみちゃんがうどんの味についてお客にいろいろ聞いてました、これはテレビ局への
演出なのか、いつもそうなのかは謎。
 カメラ回してから写ったかも??



★超有名店なので、楽天でも普通に売ってます。クリック★


四件目は
「長田」
香川に有名な長田は二つあって、長田 in 香の香じゃない方です


小縣家の斜め前にあるお店です。お腹いっぱいなのに、そのまま勢いで続けて突入!!
 ここはセルフでなくカウンターで注文して、番号のところに持ってきてくれるモスバーガー形式ですね。
客がそこそこ居たせいで結構待たされました。
ここは「かまあげうどん」が有名な店です。

 でも、私はかまあげはあんまり好きでないんですが、やっぱりその店の一番のものを頼みたいということで
かまあげを注文。
 だしは自分で湯のみみたいなものに入れておきます(これはセルフ)
しょうがもセルフです
 来たうどんは、どんぶりにお湯がたまってその中にうどんが入っています。
長田


かまあげで水で絞めてないため、コシはありません。
暖かい状態でのコシで言うと、大阪の川平や得正の方がありますね。
でも うどんののどごしはGOODでした。
 やっぱり釜あげはあんまり好みではないですね。
 一緒に行ったメンバーで、冷たいのを頼んだ人がいましたが冷たいのは
コシがあったそうです。
 暖かくてもある程度のコシがあってこそ、ホンマモンの讃岐うどんや!!!!
と、釜揚げの銘店なのにもかかわらず、ココロの中で叫びました。。。
 何回か書いてるかもしれませんが、うどん屋はその行く時間によって
大きく味が変わります。一回目と二回目ではうどんの出来が違うので、
正当な評価をするためには、三回くらいは行く必要あるかも???
 ということで、今回の長田はだめでした


★楽天でかまあげ頼むならここ。釜揚げは好きじゃないけど、釜玉は大好きです!
卵の半熟感が最高ですよね★


お試しで食べてみたいならこれ
生めんで300gなので、3人前くらいです。それで350円って。香川に迫る安さです
ちなみに、私は小食なので6人前とれます(笑)一食50円ちょっと(^^;

三件目は
「小縣家」


 生しょうゆうどんの発祥の店です。とデカデカと書かれていました。
旧館がまで残っているので、最初そこに行ってしまいました(笑)
 しかも二周も回って挙句の果てに場所違ったというオチです。
大通り沿いにしょうゆ村ってデカデカと書いてあったのですが、
お土産やさんかと思ったけど、店でした。
 見た目派手で建物自体はお土産やさんって感じです。
本館と別館に分かれていますが、本館しか入れませんでした。
小縣屋
写真にもろに人が写ってたのでモザイクにしました※といっても私ではありませんが

しかも、本館に入ると、、、意外と狭い。
こんなに建物あるのにコレダケカイ!!!と心の中で叫びました。

 ここの名物は、もちろん生しょうゆうどん。これを食べずして何を食べる

 生しょうゆうどんを頼んで、しばらく待つ事数分
出てきたのが、うどんと大根。大根は自分でおろせということですな。
それはセルフで慣れればどうという事でもないのですが、
大根でか!!!!
小縣屋


ていうか、大根丸々の半分に切ったような感じのデカイ大根が出てきました。
これにはさすがにフイてしまいました。
 しかも、おろすとデカイから手が疲れる!
 しかも、この光景は意外と凄い。。。。

麺はかなりいい感じで。角が立ってます
小縣屋


 無事大根をおろして上にかけて薬味の葱をかけます。
しょうゆは大根の汁で薄くなるので普通くらいにかけました(薄味好み)
小縣屋


食べてみると、麺がうまい!ほど良い弾力のコシと喉ごしもつるつるいきます。
角はあまり立ってないですが、それでもこのコシの喉ごしは今回の
うどんツアーでは一番美味しかったです
こういううどんが作りたいんですよ私は!
 しょうゆはかなりダシのしょうゆです。結構甘いのでみりんも入ってる?
いぜん大阪でいった「のら屋」の生醤油うどん用しょうゆも同じような味がしました。
逆にのら屋やるな!という感じですね。

 ということで、今回の旅で一番は小縣家でした。
 小さいお土産用出汁しょうゆが売ってたので、買ってしまいました。
小縣屋




★楽天で生醤油うどんはここで買えます。クリック★

小縣家でも通販をしています。どうしても食べてみたい方はどうぞ
賞味期限は短いけど、生うどんが絶対お勧めです!!
一軒目の落胆から、
気をとりなおして二件目は
「やまうち」です。
 ちなみに、この店へ来たのは二回目

 画像をクリックすると大きくなります

ぶっかけで有名な店で。
 すっごーい田舎に行き、少し山を登ると見えてくる店。それが「やまうち」です。
山の中にあるから、やまうちです。たぶん。。
 今は知りませんが、昔はマキを使ってうどんをゆでていました。
その名残か、まだやってるのかお店の横にはマキがたくさん置いてあります。
やまうち


ひやひや、ひやあつ、あつあつなど麺とダシの温度を選べたりします。
私は、ひやひやを頼みました。
やまうち


 こちらは、一般的な?セルフです。そこらへんにあるセルフタイプです。
 麺の量を言うとどんぶりに乗せてくれて、トッピングを自分で乗せます。
 最後にそれを見てお金を払います。

 麺は角がたっていてなかなか良いです。コシは普通かな。ここの麺は
コシというより喉ゴシを楽しむタイプの店ですね。
ダシは私にとってはやや濃い目です。
やまうち


 天ぷらは、ナス天かと思ってとったものが、実はコブでした!!まさか
コブが天ぷらになってるとは予想してなかったのでびっくり。
まずくはないけど、うまくもないです。
 私としては、昼時という時間が悪かったのかまーまーかな程度です。麺が好みでないです。
やまうち





★香川のぶっかけうどんは、楽天でも変えますよ クリック★

20000カウント記念ということで、勝手にスペシャル企画
香川うどん特集~パフパフパフ

このブログの目的は、記憶が薄弱な私を補助するために、
作ったものや食べたものの履歴を残そうというものです。
 そして、自分の打ったうどんについて残そうという気持ちも大きかったということで、
20000カウント記念にはもってこいの材料です


 この間会社の後輩と一緒に香川のうどんツアーへ行って来ました。
実は二回行ってますが、一回目は文章だけ書いて写真の編集(リサイズだけだけど)で
滞ってましためんどくさいから(笑)

なにはともあれ、二回分一気に投稿
店ごとに分割して投稿します。
※写真が小さいですが、クリックすると大きくなります


まずは、一軒目の
「彦江」

 前回香川に行った時にまったくわからずあきらめた店なため、
めちゃめちゃ期待していました。強烈にうまいというネットのうわさでもあったし。

今回は人がたくさん居たせいで流れに沿っていったら無事続きました。
というか、この場所は、、、これはわからない。。。
普通の倉庫?みたいところに、手書きの紙が貼ってあるだけなんです。
こんなの前を通り過ぎても通りすごしてしまいますよ。
しかも、車では通れないほっそーーい道なのです。
 わからんっちゅーの。

店の入り口。ぞろぞろといろんな人が入っていきます
彦江


 店に入ってみると、ほとんどセルフの店です。
まず、麺をおばあちゃんがどんぶりに入れてくれました。湯でてあります。
見た目は角がたってていいですね。
そして、列に並んで自分で湯せんしてあたためます。
その湯せんしている横で、お店のおっちゃんが、うどんが湯がいています。
同じお湯で、凄い光景だ。
彦江

そうしたら、ダシが入った蛇口付きのタンクがあるので、そこで水道をひねる感じで
ダシを入れます。この蛇口が熱い(^^;タンクはもっと熱い。。。
ダシが無事入ったら、隣机のうえにトッピング竹輪てんぷらやゲソ天等の
トッピングを自分で乗せます。
 そのまま、小さいカウンタータイプの食べられるイスと机があるので
そこでうどんを食べます。
 ええ、ここまでお金払っていません。
彦江


 食べ終わったうどんを返しても、お店の人は知らん振り、え、レジはどこ?
どうしたらいいの?という感じです。
おばちゃんに、お金は?というと、何食べた?と聞いてたので、もちろん正直に
答えました。
 完全自己申告です(^^;
200円くらいでした。安い!
香川のうどんは初めてではないですが、ここまで放置プレーの店はなかなか
ないような気がします。

 肝心のうどんの方ですが、一番期待していた麺ですが、うーーん。
ちょっとイマイチかもしれません。期待が大きかったせいかもしれませんが
コシがないタイプの麺です。しっかりとした硬さのタイプのうどんです。
私が、うどんを寝かす時間と踏む時間をサボって作ったような感じです。
弾力がないというのかな。
 これにはかなりガッカリです。
 ダシは讃岐典型的なダシです。私はこの味は嫌いではないです。
 めちゃ旨いというでもなかったですが。
今回は8:30ごろ行きましたが、ゆで置きが長時間のにあたったのか時間がまずかったのかな。。。。
 その後、湯で待ちの方が美味しかったのかも。
普通8:30なんて時間はその店の最高の部類の麺に出会えるはずなのに。

一軒目に出鼻くじかれました。
新発売の
パンde ガーナ

ラスク&ガーナミルク

です。いわゆるしみこみ系のお菓子ですね。
そのチョコがガーナミルクチョコになった感じかな。

パッケージ
パンでガーナ


裏面です
パンでガーナ


中身です
パンでガーナ



感想は
なかなか美味しい
チョコはガーナだけど、ちょっと違う気もします。
中身がラスクでめちゃ硬くはなくサクサク
中にチョコが2割くらいしみこんでる感じかな。
また買っちゃうかも!という味です。
 これを書いている時点で
 19998カウント
 20000カウントまであと2人!!

 いや、ただそれだけですが。
カバヤの秋冬限定?
鹿児島さつまいも プレッツェル
です。

さつまいも 6.3%使用だそうです、でもその中に鹿児島産は
90%ということで、微妙にセコイ(^^;

パッケージが美味しそう
鹿児島さつまいも


裏面です
鹿児島さつまいも


中身は普通
鹿児島さつまいも


食べると、
うん、さつまいもです。悪くないさつまいもの味ですね。
黒蜜はなんとなく感じます。言われなければ分からないげと、
多分違うんでしょうね。コクがあります。
結構美味しいかな。
 ブログをはじめてほぼ2年。

 もうじき20000カウントを超えそうです。
これを書いた時点で、19928カウント
あと2日くらいかな??


 もし20000の方が居たらコメントしてもらえるとうれしいな♪なんて

2年で2万なので、1万カウント/年でしょうか。
これは多いのか少ないのかよくわからないですけど、よくつづいたなあ。


 今まで訪問していただいた方々、ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。
新しいチョコ?
プチプランス トリュフ ジャンドゥヤ
です。

パッケージには、フランス最高職人ジャン=マリー・オスモン氏に指導・監修
をうけたチョコレートらしいです。
プチフランストリュフ


裏面です
プチフランストリュフ


中身はこんな
プチフランストリュフ


感想は
まず、よくあるトリュフとは少しだけ違いますね。
何が違うかというと、チョコの味自体は香りはそこそこ高いのはちょっとした違いですが、
食感が違います。
中のドライクレープが、結構いい感じでチョコの食感をあんまり損なう事なく、
それでいて微妙なシャリシャリ感があります。
 これは食感は好きですね。久しぶりにチョコ単品でも美味しいと感じました。
でも、めっちゃ美味しいかといえば、そうでもないですね
トッポの秋冬限定
金時芋の白胡麻ソース仕立て

です。

パッケージ
トッポしろゴマ


裏面
トッポしろゴマ


感想
一口食べると、サツマイモの香りがまずします。
それと同時になんかスパイスっぽい?変な香りがして。
胡麻なのかな~?とかいろいろ考えているうちに。
あんまり美味しくないという事に気づきました(^^;
なんか香りが気に食わない!
よ~くみると、さつまいも香料、胡麻香料使用って。。。あかんわ
ということで、もう買わないかな。
でも、これ間違えてもう一箱家に在庫があるんですよね。
久しぶりに超リアルタイム情報

ポンポンの2008年11月の豆です。

カップ・オブ・エクセレンス発売!

COE・コスタリカ
中米カップ・オブ・エクセレンスシリーズ第1弾
言わずと知れた世界最高峰の豆!
カシスやマスカットを思わせるような香りと味わいが印象的です。

3600円/500g  2100円/250g

農園名はOjo de agua (オジョ・デ・アグア?)

 ポンポンの恒例のCOE豆ですが、今回も大期待


パッケージというかシールはCOEシールです
ポンポン コスタリカCOE4位

豆はやや深いかな。
この時点で物凄いよい香りです。まさに柑橘系に近い感じもします。
ポンポン コスタリカCOE4位

粉と蒸らしです。これもむくむくむくって膨らんでいきます。かなりいい感じ
ポンポン コスタリカCOE4位
ポンポン コスタリカCOE4位




感想
やや薄いめに入れた時の感想
一口目、なんともいえない香り、甘みが口に広がります。
ほろ苦い感じも絶妙です。ここら辺は焙煎の妙かな。
香りも素晴らしいですね、カシスとマスカットかはわからなかったですが、
最初はそれほど感じなかったのに、飲んでると段々フルーティーな香りがしてきます。
これはまた新しい???
 そして、香りもいいですがこの甘さコクが素晴らしいです。
 うん美味しい!!コノ味は伊達にCOE4位じゃないです。

 2008年11月5日時点では、まだ余裕で買えます(^^)
COEは売り切れが早いので、欲しい方はお早めに!
西中島にあるカツ丼屋さん?
「かつ家」
へ行ってきました。


「そばよし」という蕎麦屋さんの系列店らしい。
宮崎地鶏料理がおいしいということで気になっていました。

今回はカツが目的で食べに行きました。

 まず店内に入ろうとした時に、入り口が二つ?と思ったら、片方は勝手口とか書いてあったので、
いきなりだまされそうになりました。
 店内は小奇麗で渡し好みな感じでした。平日の夜なせいかかなり人が少なくて落ち着けます。

 頼んだのはピリ辛丼、ぴりから丼と書いてあるだけだから、実はカツがなくて上に
唐辛子が乗っているどんぶりかと思ったら(そんな分けない)
中身はカツが少しだけピリ辛なものだそうです。

 カツは見た目すごく美味しそうです。
かつ家



食べてみると、玉子の半熟具合はそこそこって感じかな。
カツのタレ味は結構良い味です。さすがお蕎麦屋さん系列ということでしょうか。
そば屋とかの親子丼とかはそばのダシを使ってたりするから、おいしいんですよね。
 カツは玉子で綴じているのにもかかわらず、衣がサクサクしていたのはGOOです。
出来合いでなく上げたてなのでしょうか。
 そして、ほのかにピリ辛感がします。予想よりだいぶ辛さは弱めです。
やっぱり味付けがなかなか私ごのみでしたね。
 カツは脂身がやや少ない目でしたヘルシーかな。私は脂身が結構たくさんあった方が
好きだから、好みではなかったです。やっぱりコラーゲンでしょーー(笑)
 ということで、味は中上くらい?


 それと、銀皿という鳥モモ炭焼き?を注文。写真美味しそうでしょ?
かつ家


 これが、食べるとすごい炭火の香り。これでもかというほどの凄さです。
そして鳥はなんとレア焼き程度で中身は生です。
そのせいで歯ごたえがかなりあります。50歳以上の人はたぶんなかなか食べれないかも。
 味は私は好きな味でした、香りとかむと染み出てるうまみ、味付けもなかなか。
でも、歯ごたえはもう少し少ない方が好みです。

 みんなそう思うのか、邪道という名のちゃんと焼いたメニューもあります。
今度はそっちが食べてみたいですね。


そして
帰る時にレジ近くの出口から出ようとしたら、勝手口と書いてありました。

まただまされた。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。