いろいろこだわってみる(☆グルメ・コーヒー・DIY☆)

自分の興味あるいろいろな話題についてのこだわりを書きます。 美味しいコーヒー、店、料理も自作するグルメなページです。 気になったお菓子のメモいろいろなメモ代わりのブログです。 最近家作りを始めました!!
管理者ページ 
 丸ビルの地下2階にある、物凄く小さい店「パン カンテ」です。
HPはhttp://www.mmjp.or.jp/cante/pancante.html


 パンの数が多いので、2回に分けます。2/2
 
天然酵母パン(ストレート)
パンカンテ

パンカンテ
まず、切る時に周りがめちゃめちゃ硬い(笑)
外見は超ハード。中身はモチモチです。
ブルがディア程ではないですが、中はモチモチの噛むと押し返してくる
感触があります。
これも外側のハードの部分と一緒に食べると香ばしさがたまらなくいいですね。
塩加減はやや多い目。天然酵母だから?
トースト
香ばしさがすばらしい!!
あと、麦の香りがめちゃめちゃ香って凄い美味しいです。
凄い小麦パワーがあります。
塩加減も暖かいのにちょうどよい感じに調整されているのかな。
思わず、これはうまい!って感じのパンです。
 イーストじゃ出来ない味です。

チョコとくるみとレーズンパン(天然酵母でない?)
パンカンテ

パンカンテ

冷たい
こちらは他のと比べて香ばしさは薄いですが、香ばしい
食べると、まずくるみとレーズンの味がややします。チョコも入ってます。
それらが、主張しすぎずにパンの香りと調和してバランスよく
まとまっている感じがします。
 だいたいこういうのってチョコが強すぎたり、レーズンが強すぎたり
しすぎますよね。それがあまり感じられません。
モチモチ度は他のより少なめかなな
トースト
チョコの香りが強くなります。
味もレーズンとチョコの香りがつよくなって、クルミがやや顔を沈めます。
香ばしさもかな。


 総評は、パン カンテは。天然酵母の香ばしさと味の調和が
特徴のあるパン屋ですね。
ハード系で硬いので、口の中が切れるのは覚悟してください(笑)
そのぶん美味しいです。
 丸ビルの地下2階にある、物凄く小さい店です。
HPはhttp://www.mmjp.or.jp/cante/pancante.html
 むかいに同じ系列のレストランがあります。
昼に近い時間だったせいか、その中お客さんが見せ中ところ狭しと居ます。
身動きとれない。。。
というくらいの流行加減です。


 パンの数が多いので、2回に分けます。1/2

パンの紹介
相変らず、名前を忘れているのでもしこれを見て買う方は
写真を頼りにしてください(笑)

くるみとゴルゴンゾーラの天然酵母
パンカンテ

パンカンテ

冷たい状態
外は香ばしくて、なかはもちもち系
食べるとゴルゴンゾーラの香り?が口中に広がります。
少し塩辛い目ですが、いやというほどではないです。
くるみが水分を十分に持っていて、
噛むほどに外の香ばしさ、小麦の香り、クルミと
くるみとゴルゴンゾーラと天然酵母と塩加減が
見事に調和しています。
トースト
ゴルゴンゾーラの香りはやっぱりします、クルミがやや弱くなった感じがします。
でも、香ばしさと噛むほどの調和感は健在です。
外は超サクサクしています。
 なかなかGOOOな感じです。
でも、これは冷たい状態の方が美味しいと思いました。


金柑となんとかの?(名前失念)
組み合わせが面白かったので、買っちゃいました
パンカンテ

ネーブルの香りが強いです。
全体的に硬い目ですね。でも柑橘系の香りと甘さ、レーズンの香り
程よくこげた香ばしさがもいい感じ。
これはこれで十分美味しいです。
トースト
柑橘系の香りが少し弱まって、レーズンとパンのパワーと香ばしさが顔を出してきています。
これも暖かい状態でBESTに調整されているような感じです。
これは完全にアリですな。



地図

大きな地図で見る
 今年の4月に買ったものです。
 だいぶ使っているので、そろそろレポート書きます。

 大阪に来て、大阪の会社にもミルが欲しいな~、とか
いろいろなミルを見ていたら、値段のわりに評価が高かった
のがこの↓↓です


今までは、
を使っていました。

 このふたつで何が違うというと、
まず値段です(笑)
今回買ったのが8800円(送料込み)ポイント10倍セールに買いましたので、実質7930円くらいかな。
今までのが当時5250円(送料込み)で買ったものです。

 3500円近くの差があるわけですが、その差というのが
・刃が違う 新しいのはセラミックで、今までのは金属
・音が違う 新しい方が静か、音も質が高い音??
・速さが違う。でも速さは今までの方が早いです。新しいのは豆に摩擦熱を出さないためゆっくり
・微粉が違う。新しいの方が豆が均一です
・細かさが違う。今までのはエスプレッソ用粉は作れないですが、今回は調整すれば作れます。
・評判が違う(笑)、今回の方が圧倒的に評判が良い
 もっと価格の高いハイエンドと粉の均一さに大きな差がないようです

でも、今までのミルも3年間ほぼ毎日使っていますが、全く故障していません。
絶好調です。そういう意味で素晴らしいミルですよ。
 なんだか通販サイトみたいになっちゃったけど、両方持っているものです


ちなみに、送料込みで一番安いところはここかな。




 特には、楽天だけでなくインターネットでいろいろな店を
しらみつぶしに探した結果、この店が一番安いという結論でした。
 ためしに探しても、この店より安いところは見つからないと思います。
ヤフオクで探しても見つからなかったくらいですから(2008年4月現在)


 肝心な味はというと、、、
新しいミルの方がマイルドさが上のような気がします
雑味が少ないというか。カリタの手挽きと変わりません。いや、むしろ手よりいいかも??
気のせいかもしれませんが、このミルを使い始めてからコーヒーの味が底上げされた
気がします。
たまたま豆がよかっただけなのかもしれません、ハンドドリップのせいかもしれません。
ホントにミルのおかげかもしれません。
過去に飲んだ豆でもこちらの方が美味しく感じます。
 確かに、粉の大きさがそこそこそろっているので、雑味が減るのはわかりますが
そこまでかは?定量的な判断が出来ません。
 とりあえず、そう感じたという話半分で(笑)

 悪い点は
最後数粒がよく残って、とび跳ねています。これがなかなか強情で
揺さぶってもミルされなかったりするときが。
そういう時は、いったんスイッチを切って再度ONすると降参してミルされます(^^;

 でも総じて◎なミルです。
もう一台買うとしたら、新しいものと同じものを買うと思いますね。
超絶サービスの西山珈琲の豆
西山コーヒーのメルマガ専用コーヒー
コスタリカ カンデリージャ
です。
 カンデリージャはきっと太陽の光を浴びて、かなり甘いと予想です。
なぜなら、カンカンデリーじゃ だから(笑)。ごめんなさい。。。

 また西山珈琲のは売り切れなようです(^^;
説明はこっちで
http://www.cafestudio.jp/coffee_coscandelilla.htm

豆はこんな感じ
やや浅いかな
西山コスタリカカンデリージャ


粉と蒸らしです
西山コスタリカカンデリージャ
西山コスタリカカンデリージャ



感想は

苦味と甘みがなかなかバランスが良いですね。
香りと甘みが目立つのが特徴な気がします。
香りはコスタリカっぽいですね。ってコスタリカだから当たり前だけど
後味は甘さが良く残ります。
浅煎りのためか酸味がややしますが、嫌なほどないです

甘み 5
苦味 3
酸味 3
香り 4
コク 2
後味 4

どれも美味しいせいか、点数が高めになってるような。。。
ま、主観的且つなれてないから仕方ないということで(^^;
 ヘンゼル2/2です。

 阪神デパ地下
詳細説明は1/2を参照を 


小さいフランスパン
軽くトースト、外側はカリカリでも殺人的でないちょうど良いです。
全体的に軽い食感のフランスパンです。
やや塩分が多いように感じます。
でも、焼きたてのはめちゃめちゃ美味しかったあ。
ヘンゼル



金時パン
ややふわもち系のパンに甘い金時の味が、よくします。
豆がすきな人にはかなり好きな感じだと思います。
でも、私的に豆の独特の臭みが強すぎてイマイチでした。
ヘンゼル



明太フランス
明太子の味がよくします。
冷たい時に食べたので、フランスパン特有の硬さが目立ったかもしれない。
ちぎるのに結構大変な感じでした。
でも冷めている事を考慮して、結構好きな味ですね。
ヘンゼル



カレーパン
残念ながら、普通のパンです。
自分で作った方が美味しいかな。
カレーパンってどうしてもカレーの個性が強くて難しいんですよね。
ヘンゼル



 全体的に美味しいですが、感動的な美味しさではないです。
つまり、チェーン店的な美味しさというのでしょうか。
 通いたいほどでもないというのものが正直でした。
 阪神デパ地下のスナックパークの隣にある
ドンクと並んである、「ヘンゼル」です。HPはここ
いつもドンクよりもお客さんが沢山いて、並んでいるので気になってました。
見てみると、パンの種類が惣菜から正統派まで凄く豊富な種類があります。
それが人気なのかな。

 今回は沢山買ったので、2回に分けて書きます。


ミニクロ
トーストせずに食べたけど、クロワッサンというより
中身がパンという感じ。周りはクロワッサンだけど
ヘンゼル



クロワッサン
軽くトーストしたけど、サクサクでめちゃめちゃ軽いです。
ヘンゼル


全粉粒パン
軽くトーストして、全粉粒独特の香りがかなり好きです。外側がカリカリで
中はふわふわで美味しいです
やっぱ全粉粒はいいなあ、という逸品
ヘンゼル




 今日のコーヒーは
土居コーヒーの

今日のコーヒーは土居コーヒーの
マンデリン スーパーグレード
です。
フルシティーロースト となります


濃厚な苦みに特徴をもつマンデリン、その中でも、最高クラスのものをご用意しました。

この銘柄は、インドネシア スマトラ島北部アチェ地区1400m~1900mの高原地帯で栽培されたもの。

小規模農家中心によって丁寧に栽培され収穫された。この地区は熱帯林の非常に肥沃な土壌のため、肥料を必要とせず実質上の有機栽培がなされて作り出されている。

収穫された生豆の中から、良質の豆だけを、手作業で選別。マンデリンと称される銘柄の中でも、まさにプレミアムクラスのマンデリン。

クリームのような滑らかな口当たり、重厚なコク、濃厚な香り、強いながらも透明感のある苦味を併せ持つ逸品。

200g単位 ¥1,050 


パッケージの写真は無いです。
豆の写真
土居マンデリンスーパーグレード



粉と蒸らしです。膨らみ方は普通かな
土居マンデリンスーパーグレード
土居マンデリンスーパーグレード



感想
一口目、結構強い苦味がきます。その直後、香りと強い甘みがきます。
苦いのに甘いです。後味は苦味が強いかな。
濃厚ですね。コク濃厚もあります。
香りもかなりGOODです。この濃厚なコクと苦味のせいか、土居コーヒーの特有の香ばしい
焙煎が影を潜めています。
この豆は土居コーヒーでなくても美味しい?それとも、焙煎の香りが美味しさを倍化しているかは
私の舌では判断できません(笑)
 でも、美味しいです。苦くて甘い。甘くて苦い、青春時代の恋の味です(笑)
フランの限定
アイスFran Mix Berry
です。
夏限定?っぽいけど、一応まだ売ってます

パッケージの表裏です
ICEフランミックスベリー

ICEフランミックスベリー


中身はこんな
ICEフランミックスベリー



感想
ミックスベリーと書いてあるだけあって、
外のチョコパリっという歯ごたえの後に、直ぐにベリーの香りがします。
ブルーベリーや苺の味が混ざったかんじ??
基本ベリーは好きじゃないので、あんまり好きな味じゃなかったです。
 完璧好みです(笑)
後味はミルクのようなコクとあわさって、ベリーナイスです。ベリーだけに(笑)
ごめんなさい。。。
十三の老舗洋菓子店
ホルン
超限定ロールケーキ
「黄身ロール」やっとゲットしました。

 しばらく前からロールケーキがはやっていますよね。例によってここのロールケーキも
話題のもので、一日限定数が少ないものです。

賞味期限にあるとおり、大分前のものの投稿し忘れ(笑)
パッケージとあけたところ黄身ロール
黄身ロール


さらにあけると黄身ロール
黄身ロール

黄身だけを使ってつくられただけあって、色も少し黄色っぽいですね。

横からみるとこんな感じです
ちょっと曲がってるのは封をした時のせいかな
黄身ロール


切るとこんな感じ。ややクリームが少ない目です。
黄身ロール




食べた感想は
風味が違うというのがまずしました。
噂に聞く、黄身しか使ってないということで
風味が黄身の風味というかそんな感じがします。それは独特でいいですね。
カステラ?を思わせる感じが近いかな?
クリームはバタークリームのようなやや脂っこい印象をうけましたが
甘さは控えめに感じます。
クリームの量も少ないのは、生地の風味を
感じて欲しいからでしょうか。
生地は確かに好きです。
でも、ロールケーキはクリームたっぷりというのが好きな私にとっては
とりあえず、味わったということで
もういいかなという感じです。
 お上品な味が好きな方にとっては、好みな感じがしました。
ちょこつづみの新しいの
ティラミスチョコレート
です。

パッケージはこんな感じ
ちょこつづみ ティラミス


裏面はこれ
ちょこつづみ ティラミス


中身はちょっと美味しそう
ちょこつづみ ティラミス



食べてみた感想は
チーズの香りがよくします!目立ちます。
とおもったら、チーズ香料しよって書いてあるし(^^;
どうりで。。。
香料は目立ちすぎですな。
ということで、不味くはないけど。ガナッシュチョコの方がいいですね。
ポンポンが毎年夏に売っている
夏限定の
特上アイスブレンド
です。

これは、アイス用にブレンドされた深煎りの豆です

パッケージはこれ
特上アイスブレンド2008

豆はさすが深煎りだから、
油ギッシュなゴキブリちっくです(笑)おいしそーー
特上アイスブレンド2008

粉と蒸らしです
特上アイスブレンド2008
特上アイスブレンド2008

感想は
相変らず、このブレンドはアイスにぴったりです。
深煎りの香ばしさと独特の香り。苦味と甘味のバランスなんか
最高です。
でもやっぱり、この香りがいいですね。
いい感じです。
ポッキー クッキークランチ
です。
ポッキーの高級版でしょうか。


箱は
ポッキー ビタークランチ


裏面はこれ
ポッキー ビタークランチ


中身はこんな感じ。いつもどおり、箱はやたらでかくて
やたら細かく過剰包装でかつ、量が少ない。。。
包装はもっと荒っぽくしてほしいですね、安くしなくていいから。
ゴミが出てしょうがない。
ポッキー ビタークランチ


こういうごつごつ感のあるポッキーは結構好きです。
味も高級版のようで美味しいですね。
気が向いたらまた買っちゃうかも。
 それよりも、このPCのゲームのような過剰に大きいパッケージはなんとかならないのかな。
それと、一袋の量が少なすぎる過剰包装ですね。
エコが重視されてる時代錯誤なお菓子ですな
ショパンの新発売
ショコラムース
です。

パッケージは相変らず美味しそう
ショパン ショコラムース

裏面です。
ショパン ショコラムース


中身はこんな感じかな。なかなか美味しそう
だけど、量が少ない
ショパン ショコラムース



 感想
例のサクサクのパイは同じだけど、ムースがある分少し軽い味わいでなかなか美味しいですね。
でもめっちゃ美味しいかというとそうでもない。
パイ生地がほろ苦いと書いてあったけど、そうでもないですし。
でもまた買うかも。
限定?のフラン
フラン・ホイップス ふおわりホワイトショコラ&まろやかキャラメルミルク

です。

香ばしく焼き上げてビスケットと、ホワイトショコラの層とキャラメルショコラの層
の2層構造だそうです。
フラン ホイップス ふんわりホワイトショコラ

裏面はこんな感じ
フラン ホイップス ふんわりホワイトショコラ

中身はこれ
フラン ホイップス ふんわりホワイトショコラ




中身は1袋に3本しかは行っていません。すくなっ!!


味は
うーん、うっすらキャラメルです。後味がうっすらビスケットとキャラメルの香ばしさが残ります
ホワイトショコラもうっすら感じます。
上品な味ですね。
よくあるキャラメルがめっちゃ主張しているのよりはいいですが、
全体的にものたりないです。
もう買わないかな
小枝の限定
小枝 甘露和栗
です。

パッケージはこんな感じ
小枝甘露和栗

裏面です
小枝甘露和栗

中身はもう実物大くらいの小枝
小枝甘露和栗

食べた感想は
栗の感じはなんとなくします。
純和風な味です。ちょっと栗の食感の粉っぽいというこアンコっぽいというか
そんな感じが残ります。
でも、やつぱり甘すぎるところが難点ですね。
小枝は他のより甘い気がします。気のせいかもしれませんが
ポッキーの季節限定
ポッキー つぶつぶみかん
です

パッケージは
ポッキーつぶつぶみかん


裏面です
ポッキーつぶつぶみかん


中身はこんな感じ。おれんじが鮮やか
ポッキーつぶつぶみかん

感想は
今まで、あんまりつぶつぶみかん系のチョコは見た記憶がないですね。
みかんな感じがします。中につぶつぶはあるみたいですが、
食べている時はつぶつぶはよく分からないです(^^;
柑橘系の酸味はそれほど強くないです。
まずくはないけど、まー、もう買わないかなというくらい。
あくまで主観ですが
ブラジル・サンアントニオ
※これは賞味期限のネタですorz

『珈琲の味方塾』のメンバー皆で選んだ
ブラジルのベストセレクション!

1600円/500g  1090円/250g

豆はこんな感じ
味方塾専用ブラジル


粉と蒸らしです
味方塾専用ブラジル
味方塾専用ブラジル



感想
濃い目のものですが
ブラジルの良いところがめっちゃ出てる感じです。
香りがすばらしいです。
そして甘い。苦味はそこそこありますが、エスプレッソ的な
奥の深い苦味です(濃い目から)
 コクもあってかなり好きな感じですね。
嫌なエグミとか香りみたいなのも出て居ません。
まさにブラジルの優等生

薄めの場合
これも香りは若干減ってる感じがしますが、確かにブラジルの香りです
苦味が抑えられていて、その分甘みが更に際立っています。
あっさりではなくコクも程度あります。
後味も甘みが残ります。飲み始めから後味まで深い味わいです。
おいしーー
ポンポンのブラジル美味しい!!
略してポンブラグー(笑)
もう売ってませんけど(^^;