いろいろこだわってみる(☆グルメ・コーヒー・DIY☆)

自分の興味あるいろいろな話題についてのこだわりを書きます。 美味しいコーヒー、店、料理も自作するグルメなページです。 気になったお菓子のメモいろいろなメモ代わりのブログです。 最近家作りを始めました!!
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボケーニャ農園
土居コーヒーの新豆です。名前が面白くて買ってしまいました(笑)
このボケー ニャ!!って感じで(^^;

 説明を抜粋します

この農園が開拓されたのは1899年。以来、4世代引き続いている歴史のある農園である。

パナマでは毎年、パナマスペシャルティコーヒー協会という団体が開催する、“ベスト オブ パナマ”と呼ばれる生豆の品評会が開催されている。
この品評会には各国のコーヒー鑑定士が参加し、出品された銘柄の味わいを評価し格付けしていく。
今回会員さまにこの農園をご紹介する理由は、この銘柄がこの品評会において毎年、高い評価を獲得し続けて、参加した専門家達から賞賛を受けていることから。
こちらはその結果をもとに土居博司が鑑定し、買いつけた土居銘柄。
年度収穫されたこの銘柄は、しっかりとした酸味のなかに、コーヒー独特のこなれた甘苦さが豊かなコクを表現している。

【焙煎士 土居博司コメント】
コーヒー独特のビターな甘味と、やわらかな酸味が上品な味わい。
香りも花のような香りが感じられる。
特に楽しんでいただきたいのが芯のとおった太いコク。
これがあることで味わいに立体感がたち、余韻のほろ苦さは特筆ものとなっています。




 ベストオブパナマは他のショップので飲んだ事がありますが、土居さんの説明は
説得力があります(笑)


パッケージはこんな感じ。いつもと同じですが
ボケーニャ


豆はこれもフルシティーくらい?
ボケーニャ


挽いたところと、蒸らしたところです。
そこそこ膨らむけど、量が少ないから他のと比較が出来ないです。
ボケーニャボケーニャ




一口目
甘さと香り(この香りはあまり好きではない)がまず来ます。
酸味も少しだけあります。
コクもそこそこ。
後味はコクが残る。
でも、濃い目で入れた場合香りのクセがあるところが
目立つようになっていました。
やっぱりスペシャリティーは
普通くらいの濃さで入れるが一番と感じました。
スポンサーサイト
 最近果物で含有率の多いチョコが流行りみたいなので、
イチゴ77%という高配当?のチョコを発見

生イチゴ換算で、乾燥イチゴを使用しているということから推測して
ほとんどはイチゴ以外ということですね。

 パッケージはこんな感じ
77%いちご


中身はこんな感じです。いちごの粒粒がよくみえて、赤いです。
イチゴが入っていそうですよね。
77%いちご


イチゴ77%ということで、くだものの味がよくしますね。
まず、すっぱいです(笑)
イチゴによくあるつぶつぶ感も結構ありますね。
甘さは砂糖の甘さな気がします。

まずくはないです。でも、私は生果物は好きじゃないので、普通でした。
 落ち着いてきたので久しぶりに投稿復活
ネタは用意しているので、どんどんたまってきています(^^;

 土居コーヒーの勝負シリーズの続きです。

 今回のは
ワタル(株) 永阪氏エントリー銘柄
ブルマス デェルツァルキー農園 (コスタリカ)
1880年からコーヒー栽培に携わっていた伝統的農家カバロ家。この一家は仲間たちの生活の安定と近隣の教育に力を注ぐことで、農園のリーダー一家として成長して行った。現農園オーナーはロドリゲス カバロ氏。

この農園においては勿論、完熟したチェリーだけが収穫されていく。

今回ご紹介するこの農園のこの銘柄は、コーヒーの持つ糖度を高めるため、特別な栽培をもって作られた。

■コーヒーチェリーの外殻皮だけを除去
■糖質を多く含んだパルプ質を丁寧に残す
■そのままの状態でネット式の棚で(アフリカンベットと呼ばれる)天日乾燥

その結果、蜂蜜のように甘い糖質を多く含みながら厚みのあるフルボディーを感じさせる銘柄に仕上っている。 

(ワタル 永阪氏コメント):このコーヒーほど手間を掛けてつくりだされた銘柄は、私の経験の中でもなかなかありません。

いま日本に入ってきている数多くの銘柄の中でも、まさに逸品とよべる品質です。

土居さんの会員さまの満足度を高めることは、間違いないでしょう。

こちら銘柄で土居さまの会員さまに喜びを感じていただけることを熱望して止みません。
香り コク酸味 苦味甘味
  



パッケージはこれ
コスタリカ ブルマスデルツァルキー


豆はこんな感じです。フルシティーかなコスタリカ ブルマスデルツァルキー


挽いたところと蒸らしたところです
コスタリカ ブルマスデルツァルキーコスタリカ ブルマスデルツァルキー



飲んだ感じは
一口目が甘いという感じ
香りすや安くないですが、コスタリカらしい香りがします。強すぎず逆に心地よいかもしれません。
酸味はやや少なめな気がします。
いつもコスタリカはシティーローストがおおいですが、
フルシティーだからかな?
コクもあり、後味が程よく残る


ハリウット版ドラゴンボール
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080104-00000013-rec_r-movi

―悟空=学校では目立たないが実は才能のある武道家』
『ブルマ=可愛くてインテリな女性。父親のDBをピッコロ大魔王に奪われ、悟空
と共に戦う決意をする―

やりすぎ。。。

って、馬鹿にしてるのか!!!っと叫びたくなる、映画になりそう
ですな。

 記事の説明では
「ハリウッドにとって一番の観客はアメリカ人。当然、表現やディテールはアメリカ向きに変えますよ。それに監督が“原作が好きで”作っているのか“お金を生むための作品”として作るのかにもよるとは思うんですが…。今回の作品が、興行成績重視の場合…、日本のファンにはつらい結果になるかもしれません」(ハリウッドコメッツ東京事務局・代表の渡嘉敷治夫氏)


 アメリカでも原作ファンがかなり沢山いるのでは?
ハズレの予感濃厚というか、確定の予感が。。。。
 香茶屋の二つ目です、以前書いたまま投稿忘れました(笑)
ネタは沢山用意してあるのですが、書いている時間がなくて更新
さぼり気味です(^^; つまり、さぼりです(笑)
今週末からガンガンいきたいと思います。


2006ブラジル エルモデミナス セルトン農園
200gで1000円です。

テイスティングは
まろやか5
フレーバー4.5
甘み5
酸味1
苦味3.5
です。

 この農園はCOE常連の農園で、複雑なフレーバーが
このコーヒーの品質の高さを物語っています。

パッケージはこれ
ブラジル セルトン農園


豆はこんな感じです。フルシティーローストです
ブラジル セルトン農園



粉と蒸らしのです。さすがブラジル凄くいい香りです
ブラジル セルトン農園ブラジル セルトン農園


 感想は
さすがコーヒーの王者だけあります。
苦味と甘み、香りのバランスが素晴らしいです。
最初苦味と素晴らしい香りが口中に広がり、甘味もよくて
後味が心地よいですね。
 うまいです。
コンビニの期間限定チョコです。

春をさきどりだそうです。

パッケージはこんな感じ
苺のモンブラン


裏面です
ichigo_monburan2.jpg


中身はこんな感じです。結構美味しそう
苺のモンブラン



感想
一口目ちょっと柔らかめと思ったら、しっかりとしたイチゴチョコです。
下はサクサクを強調したようなビスケットです。
なので、噛むとサクサクとチョコ食感が同時にします。
 味はよくあるイチゴの味です(^^;
 中にホワイトクリームが入っているのがなんとなく感じます。
でも、一緒になるのでイチゴミルクの味ですね。

 まー美味しいかな。でも多分もう買わないです(^^;
 あけましておめでとうございます。
 年末年始で更新さぼってました(^^;

 チョコの中で好きなガーナチョコで
期間限定?の生チョコレートが出たので、
思わず購入。

 フランス2000MOFパティシエが監修したようです。
監修って微妙ですけど。。

パッケージです
 ガーナ生


裏面も
ガーナ生


中身はんこんな感じになっています。
ガーナ生



 食べてみた感想は、
 ガーナのコクのある味を想像したのですが、ちょっと感じがしました。
美味しいけど、私の期待してた味と少し違う気がしました。
 生チョコも普通レベルでした。
 ただ、洋酒使用でアルコール分1%使用ということですが、普通1%でも使ってると
アルコールの香りを感じますが、これは感じないのは美味い使い方をしている
ということでしょうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。