いろいろこだわってみる(☆グルメ・コーヒー・DIY☆)

自分の興味あるいろいろな話題についてのこだわりを書きます。 美味しいコーヒー、店、料理も自作するグルメなページです。 気になったお菓子のメモいろいろなメモ代わりのブログです。 最近家作りを始めました!!
管理者ページ 
この間
最近流行りの家で有名店の味を再現するレシピで

天下一品のレシピを発見しました!!

yoshiさんのブログ
「そうだ!自分でラーメンを作ろう!」
http://yoshi-ramen.cocolog-nifty.com/blog/
※勝手にリンクしちゃいましたが、問題あったら一報くださいm(_._)m

その中の
自作 「天下一品」への道 最終回
のネタのレシピを参考にさせてもらいました。



とりあえず、いろいろな臭みが出るので
鶏がらや手羽先など下処理を忘れずに行いました
 一匹の鶏がらを初めて使いましたが、やっぱキモチワルイ。。。
さすが鳥の形をしていると、キツイですね。


写真はいきなり煮込みから
DSC_0580.jpg


我が家では圧力鍋&シャトルシェフで煮込む時間(ガス代)を節約
結果。ミキサー前のこの時点でかなりとろけて居ます
当然手羽先の肉は全部解けています
DSC_0583.jpg

煮込みが終わったら
野菜や肉の部分を取り出して、ミキサーにかけます
煮すぎてかなり細かくなってるので、ガラとそれ以外に分けるのが大変でした。。。。


ミキサーにかけて、それを戻すとこんな感じ
もう、どろどろ感がテンイチのスープです。
DSC_0586.jpg


ラーメンの麺をゆでて、盛り付けするとこんな感じ
初めての割りにうまくできました
DSC_0589.jpg


感想
 ここ数年テンイチは食べてないですが、めっちゃウマイ。
そしてかなりのレベルの再現性です。スゴイ!!って思わず言っちゃいました。
 もはや暫く離れてた私にとってテンイチそのものですよ。
そして、変な化学調味料などは使われていなくて(テンイチも使ってないかもしれないけど)
材料が分かって安心なところも良いところ
 麺もいつかチャレンジしたいのですが、液体のかんすいは普通に売ってますが、
粉末のカンスイが売ってないんですよね。滅多に使わないので液体はとても買えない。。。
どこかに売ってないかなーー。


 そして、もちろんあの後味&ゲップ 、胃へのダメージも再現されてました(笑)





今回の失敗
 野菜はある程度の大きさに切って入れましたが
 元のブログでは野菜など殆ど切らずにいましたが、確かにその方がいいですね。
後で取り出してミキサーにかけるため、細かいと取り出す時に大変。。。

 あと、我が家では滅多に使わない野菜(長ネギやセロリ)は冷凍保存していて、
直ぐにでも一回作れるようにスタンバイ中


自分もやって見たい方はクリックをm(_._)m
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
久しぶりにデュラムセモリナを手に入れたので、
パスタを作ってみました。

レシピは簡単
デュラムセモリナ 400g
卵          4個(だいたい100g当たり1個くらい)
塩          小さじ1
オリーブオイル  おおさじ2


まずは粉をボールにいれる
塩はこの時点で混ぜて満遍なく混ぜています
DSC_0107_20120508122321.jpg

卵をよくといでおく
DSC_0108.jpg

小麦粉の真ん中に穴を空ける
DSC_0110.jpg

穴をあけたところに、オリーブオイルと卵を混ぜます
DSC_0111_20120508122319.jpg

まずは粗く混ぜます。
このときにお箸などを使って水分と小麦がなじむように混ぜると手にべたべたつかなくてよいです。
練り物で手を汚さない小技? パンだとあまり意味がないですけどね(^^;
DSC_0112.jpg

混ざったら手で、水と粉が出来るだけ均等に混ざるように小さな塊になるようにまぜる
大きな塊があったら小さくする。
これは練り物の基本ですね
DSC_0113.jpg

ある程度寝るとだんだん色が変わってきます。(写真だと分かりにくいですが)
十分混ざったと思ったらひとまとめにしていきます。
DSC_0114.jpg

ここまできたらひたすらめいっぱい力を入れて練ります。
全体重を生地に乗せる感じです。ここがかなり力を要します
がんばって伸ばすと表面が滑らかになってきます。
DSC_0117.jpg

あとは、ラップに包んで数時間冷蔵庫で熟成させます。
最低でも2時間、出来れば1晩くらい寝かせた方がいいと思います。私は晩御飯用に昼過ぎに
作り始めたので3時間程度です
熟成後は写真のようにツヤも出てきます
DSC_0120.jpg

あとは伸ばしですが。全部だと大きすぎるので、小さく切断します
大きいまま伸ばそうとすると、とんでもなく力が必要になります
この切る作業もなんだか気持ちよいですよ
DSC_0121.jpg

いよいよ。愛用のパスタマシン(400円)登場です!
我が家のパスタマシンは7段階で7,6,5...と薄くなっていきます。
まずは7から初めて5、3とだんだん薄くしていきます。
今回は薄い食感が食べたくて1まで細くしました
DSC_0124.jpg

次はカットです!!これも気持ちよいですよ
DSC_0125_20120508122410.jpg


二種類の太さでカットできます
DSC_0127_20120508122409.jpg
DSC_0128.jpg


調理した感じです。写真用に盛り付けし忘れたので、盛り付けがイマイチでおいしそうに見えませんが。。。
ソースはオリジナルミートソース&ナスです
DSC_0131_20120508122421.jpg


生パスタ気になる方はクリックを
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村



食べた感想
手打ちパスタです(笑)
でも一番薄いフィットチーネなので、食感が非常に平べったい
それなりにコシもあります
でもやっぱり私はコシが強い方がすきだということを再認識したので
次回からは厚さは3くらいにしようと思います(いつも3くらい)
もうじき暑くなって、
生地がダレテしまう季節です。

そう。パン作りです。
特に低温で長時間発酵のハードパンは夏はエアコンをガンガンかけておかないと過醗酵になるので
今のウチに作っちゃいました

前置きは長くなりましたが
DSC_0050_20120417122909.jpg


おいしそうと思ったらクリックをm(_._)m
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村



アングルが悪いから横から、、、と思ったのですが
これが限界
DSC_0051_20120417122908.jpg


なぜなら机の上が汚いから(笑)


食べてみると、
このブールは簡単に作れるのに非常に美味しく出来上がります。
クープもちゃんとできて満足です。
 外はカリカリパリパリ、中はもちもちしていて柔らかい。
食べ比べたら専門店にかなわないかもしれませんが、
比べなかったら専門店のパンと言ってもいいかも?というくらい美味しかったです。
自画自賛でした
ニラが安く手に入ったのでニラチヂミを作ってみました
なんと2束セットだったので2束もある

チヂミのレシピとしては、
小麦粉
片栗粉
鶏がらダシ
を適当に混ぜました。チヂミは片栗粉を多めに作ると外はパリパリ・中はもちもちになります。
水は緩めになる分量です

そして、ふんだんにあるニラをこんなに混ぜ込んで
SN3J0157_20100516205740.jpg

焼くときは更に追加!!スーパーニラチヂミです
SN3J0158_20100516205740.jpg


焼くとホラ、ニラがどこかに消えた!!
焼き方のコツはゴマ油をたっぷり使う事です。これが外がパリパリしあがるコツです。
カロリー?は~?何語?油?何訳わからんこと言ってるの~?という風に
作るときは油の存在は忘れましょう(笑)というくらい沢山入れます。
ただ、ゴマ油なので普通の油よりは相対的に健康に良いです。あくまで相対的に。

SN3J0159_20100516205740.jpg

ではなく裏にこんなに沢山ありますよ
SN3J0160_20100516205740.jpg


タレは酢と醤油とコチジャンを溶いたものにごま油を入れる。
ポン酢にコチジャンを溶いたもの。
の二種類を用意しました。
やっぱ、酢と醤油が美味しかったです。



感想
何回かつくっていますが、やっぱりウマイです。
外はパリパリカリカリで、中はもちもち。そこら辺の韓国料理屋で食べるのより
ずっとおいしいです(大げさでなく本当に)
 ニラもたっぷりでパワー満タンです。お勧め。
 今度は海鮮チヂミでもつくろうかな。。。
暫くマイブームになっている食べ物は
パスタです。

マイブームになったら、それはもう作るしかないでショーっトいう事で、
手打ち生パスタを作りました。


以前作ってから、2回目です(笑)↓参照
http://yossieblog.blog78.fc2.com/blog-entry-16.html



パスタマシンはこれを使いました



前回はよくわからずに作っていましたが、今回は少しばかり考えて作りました。
まず、卵と小麦粉の分量比ですが、どのHPのレシピを見ても
だいたい小麦粉100gに対して卵1個です。
私もそれに習って分量比を作りました。

 しかも、保存に関して載っているHPも見つけて
生パスタの状態でなんと冷蔵庫で1ヶ月も持つそうです!!
それはいい!という事で、600gも練ってしまいました(笑)

ちなみに、レシピは以下の通り

デュラムセモリナ 500g
薄力粉 200g
塩 1.5g
オリーブオイル 7g
卵M 5個

です。

作り方ですが
小麦粉と塩を混ぜてふるいで混ぜて
卵にオリーブオイルを入れて溶き卵を作ったものを
少しずついれてかき混ぜます。
目安として、最初半分入れてなじんできたら
もう半分投入。
なじんだら半分投入て。
粉っぽい状態で、暫く混ぜ合わせる
小麦粉の色が濃くなってくるのでそうしたら
最後の全部投入という感じでしょうか?

最後を投入してからは、手で転がす感じで混ぜていきます。
ころあいを見て、最後に粉をくっつけていきます。


最初はボロボロしていますが、練っているうちにだんだん表面が
滑らかになってきます。
水分が少し足りないかな?くらいがちょうど良いみたいですね。
 しかし、この作業が一番力が要ります。
ホントにかなり体重をかけて寝るので疲れますよ!
私が作った事がある麺類ではパスタが一番疲れるかも?

練っているところの写真は省略して


だいたい全体が固まった時の写真
SN3J0232_20100801115417.jpg


滑らかになるとこんな感じ?もう少し練ったほうがいいような気がしましたが
疲れたのでここらへんで(笑)いろいろな麺を打ってきましたが、
このパスタが一番疲れました。。。
SN3J0233_20100801115417.jpg


 そして、表面が滑らかになってきたらラップか袋に入れて
冷蔵庫に2時間以上寝かせます(時間がある人は一晩)
こんな感じでラップに巻いて寝かせます
SN3J0234_20100801115417.jpg


寝かせた後の写真
ツヤとか水分が大分出来てみましたよね?
SN3J0235_20100801115417.jpg


こいつをパスタマシンで伸ばすため、スケッパーで1/4にカット
SN3J0236_20100801115417.jpg


そして、手でパスタマシンに入る程度まで伸ばします。
SN3J0237_20100801115442.jpg

麺棒とか出すのが(洗うのが)面倒なので、手でぐいぐい伸ばしました
そして、パスタマシンで太いメモリからだんだん細いメモリにしていき
薄く延ばします。
 薄く延ばすと文字だと一言ですが、これがまためちゃめちゃ力が要ります。
疲れた。。。
SN3J0238_20100801115442.jpg


そしていよいよカット!!
こんな感じでノレン?みたいに出てきます!
SN3J0240_20100801115441.jpg

打ち粉を少し増やして麺同士くっつかないように、出来たのがこんな感じです。
SN3J0241_20100801115441.jpg



そして、保存用のものは2人分ずつ袋詰め
SN3J0242_20100801115507.jpg


分量を間違えてティファールの大きいフライパン一杯のパスタが
出来てしまいました。。。。ちなみに、4食分。。。5食分に近い4食です。。。。
SN3J0243_20100801115507.jpg



麺を寝かせているうちに作ったクリームソースでこんな感じに盛り付け!!
おいしそう!
ちなみに、クリームパスタは、豚肉キャベツとホウレン草の野菜クリームです。
他にもにんじんも玉ねぎも入っているので、超ヘルシー!!
塩も味付けが破綻しない限界まで減らしています(その分胡椒増量)
SN3J0244_20100801115506.jpg



感想
 前回の生パスタよりうまくいった気がします。
まさにおいしいレストランで出てくるパスタの麺です
もちもちしていて、舌触りも市販品とは違います。
やっぱ生パスタはおいしいです。
 パルメザンチーズをかけると不足の塩味も補強されてうまい!!
 今回はパスタマシンの最薄メモリで作りましたが
一つだけちょっと厚めのを作ったのでまた後日そっちを食べてみたいです。
 ちなみに、600gで・・・10食分出来ましたとさ。。。

 しかし疲れた。。。