いろいろこだわってみる(☆グルメ・コーヒー・DIY☆)

自分の興味あるいろいろな話題についてのこだわりを書きます。 美味しいコーヒー、店、料理も自作するグルメなページです。 気になったお菓子のメモいろいろなメモ代わりのブログです。 最近家作りを始めました!!
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近保育園で夏がが流行っているのか?
子供がすぐに発熱します。

もう、毎日体温高め、しかも一週間に一度は38度に行きそうな感じです。
今週末も40度近くの熱が出て、心配です。。。


熱=解熱剤をすぐに使いたくな方もいると思います。

解熱剤の功罪について私なりにメモしたと思います。
※ただし、私は医者でも薬剤関係者でもない(理系ですが逆に化学は苦手な部類)
なので、あくまで素人の一意見ということで、解熱剤をやめるか使うかは自己責任でお願いします。


さて解熱剤の前になぜ発熱する?ということですが

・体温をあげて免疫の力を上げる
・環境を高温にすることによりウィルスの力を弱める

まさにこれに尽きると思います。一説は、体温が1度下がると免疫力が30%も落ちると
言われたりします。
 逆に、普段36度の体温の人が39度になる+3度の上昇で、
なんと倍近くの免疫力になるという計算ですよね。

 なので、熱はあがる事は体がウィルスと戦っている状態なのです。

 そこで、解熱剤で体温を下げるとどうなるでしょう?

最大公約数的に書きます。

平熱36度
発熱38度
ウィルスと互角以上に戦ってる
ウィルスも劣性なので、力を少しつける
解熱剤投与
3度熱が下がる
体温35度
平熱より体温が低いので、平熱より免疫力30%ダウン、薬投与前より90%ダウン
平熱よりもウィルスが20%強化
薬投与前よりウィルス対抗力-110%
免疫力圧倒的劣勢でウィルス増殖
解熱剤が切れる
ウィルスの増加に反応して体温急上昇 体温40度
症状悪化
体が急激な変化に対応できずに、熱痙攣


という具合でね。

 薬投与することにより、一時的に体温が下がって治った風に見えますが
だだの錯覚です。投与前より体温上昇して、悪化するケースもよくあります。


 悪いことばかり書きましたが、少しは良い事もあります。

●消炎効果
 薬の種類により違いますか、一般的解熱剤は消炎効果もあります、
これに関しては効果がある程度見込めます。
炎症性の発熱では、炎症が改善されるので一定の効果が期待できます。


●安眠効果
 風邪など諸症状がでると、辛くてなかなか寝付けないものです。その時に風邪薬(解熱剤というより風邪薬)
一時的に楽になって、安眠できる → 睡眠は体力回復や免疫力を助けます

それくらいてすかね。

あくまで個人的な考えてすが、
風邪薬は風邪を治す薬ではありません、解熱剤でも発熱の要因は治りません(炎症は効果あるけど)
なので、薬を飲むと体温か下がる分治るのが遅くなると考えます。

特に子供の場合は、抗体のないウィルスが体内に入る事が多いですし、免疫力も弱いのです。
なので、体温をあげて免疫力を増幅して対抗しないといけなのす、
それなのに、解熱することにり増幅をなくしてしまうのは、実に残念な事なのです。
体温の乱高下は熱性痙攣のリスクも増えます。連続投与なんかは恐ろしい。。。
 なのて、39度などの高熱でも子供が平気そうなら解熱剤は不要と考えます。

 逆にグッタリしてたり、しんどそうなら投与も考えたほうがいいかもしれません
なせなら、発熱すると体力が削られるからです。
 私の中での判断閾値は39.5度以上and(グッタリorしんどそう)


 どっちにしても子供の様子を見てリスクを理解して、安易な投与は避けましょう。
私が調べたかぎりお医者さんも子供の解熱剤に消極的な方が多いように見受けられました。



最初の方にも書きましたが
 私は医者でも薬剤関係者でもない(理系ですが逆に化学は苦手な部類)
なので、あくまで素人の一意見ということで、解熱剤をやめるか使うかは自己責任というか
お医者さにんに相談しましょう。

スポンサーサイト
 何回か前に中和室にエアコンをつける話をしましたが、
エアコンは最小の出力のものをつけています。
つまり2.2kwですね。

 この2.2kwのエアコンは通常
鉄筋洋室 8-9畳
木造和室 6畳
くらいの能力です。

 じゃぁ、鉄筋和室はどうなの?という事になりますが、
まー、条件によるからOKともNGともいえないです。
 同じ木造和室でも一条工務店のように気密・断熱性がよければ10畳でもいけるかもしれません
逆に、鉄筋洋室でも我が家のようにスカスカ穴だらけ、デカイアルミサッシだったら
4畳くらいしか対応できないとかありますよね。

 話が戻って、
我が家の中和室の場合、基本的に和室の周りが木で囲まれてて、しかも隣の部屋LDKの気温は
33~34℃をキープ
更に、戸がきっちり閉ってないので、普通よりも空気の抜け道が多い
という事を考えると、6畳でも厳しいタイプかもしれません。
 とりあえず、エアコンの能力としてはなんとか冷やせるようです。


 冷やせるはずなのですが、安いエアコンなのか場所が悪いのか
あまり冷えないんですよ。
 でもエアコンの能力が足りないと言うわけでもなさそうです。
その根拠は、気温は設定温度よりも高めになってる状態で
エアコンの送風が停止or最小状態になっています。つまり
エアコン側は設定温度に達したと判断して待機している状態です。


 常識から考えて、暖かい空気は上に、冷たい空気は下にたまるので
寒くなることはあれども、暑くなるって。。。。
ひょっとして、
「寒くなり過ぎないように」という事を考慮して
エアコンの感度がやや温度が高い側に設定されているのかもしれませんね。


 そこで、先日サーキュレーターを投入してみました。
床からエアコンに向けて風を送ってやりました。
するとどうでしょう!!
室温がほぼ設定温度になりました!!
 エアコンの動作も間欠動作しているので、まだ能力にはマージンはある状態で
間欠の間隔が短くなった事が気温が下がった要因です。
 サーキュレーター導入前はかなりの時間、停止状態が続きます。

 まー、空気がなんらかの状態で滞留しているからという考察から
こうなることを期待して投入したのですが、それでも冷たい空気も上にたまるの???
とか思う減少が謎のままです。



そこで考えられる原因は
エアコンのセンサーが噴出し口からの冷気があたるところにあった
くらいしかないですねーー。

 他に何か考えられるかな?どなたか詳しい方現象を説明お願いしますm(_._)m

 とりあえず、エアコンの能力があるのに設定温度まで冷えないと言う方が居ましたら
是非サーキュレーターor扇風機を導入してみてください。
効果があるかもしれませんよ!!

 あ、でも我が家のエアコンの温度設定はすべて最高温度の30度に設定しているから
条件のコーナー&ハズレ品なだけかもしれません(笑)という軽いオチがついたところで


 以上、サーキュレーター大好きなよっし~でした




 一条と直接関係ないけど
家の話題ということで、クリックお願いしますm(_._)m
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村


とりいあえず、一通りハウスメーカー行ってきたので、いろいろと考察してみました。
全部行ってないですが、疲れた。。。


まず自分が家に求めるものから
・寒がりなので冬暖かい
・キッチン収納が一杯
・地震対策
・ランニングコスト
・結構音に敏感?なので、外界の音は入らない

というくらいでしょうか?
間取りとかホームシアターもいいですが、これは
設計時になんとでもなりそうですので。除外


ダイワハウス
比較的モダンで知名度もありますが、
断熱は外張り断熱と充填らしくて、二重の断熱と思ったら外張り断熱は
厚さが薄くて(1cmくらい?)あまり効果がないみたいです。
Q値は2.33W/m^2・K
C値は5.0cm2/m^2
だそうです。
でもいまどきグラスウールというのが気になります。



住友林業
ちょっと高いイメージがあります。しかも、貧乏人には用がないてきな
高飛車な、、、というような噂があるので、、、、
とうのは冗談で、大和ハウスもそうですが、特に特徴が無いのがちょっとと思っています。
特に特徴はないですが、逆に無難?


パナホーム
鉄筋で鉄筋の柱の数が多いのはいいですね。
テクノストラクチャーで鉄筋の苦手な断熱もある程度改善???
ただ、前回も書きましたが、換気方法がイマイチなんですよね。
せっかく室内の暖かい空気が外に流すのは勿体無い、というか寒い。
更に、Q値とC値を公開してないのはあやしい。。。
外壁はTOTOの光触媒ハイドロテクトを練りこんだタイルを使用しているようで
耐用年数は65年だそうです。65年というのは接着剤の寿命らしいです。
ネットでの評判を見ると、パナホームの壁は確かに綺麗らしいです。
メンテナンスが65年不用というのはやっぱいいですね。
 通常10年で1回塗り替えが発生してその費用が100万以上かかったりしますから。


へーベルハウスの特徴として
ALCコンクリートを使う事で、純なコンクリートよりも断熱が良い
そして丈夫だと思いますが、いかんせんそこはコンクリート
断熱性能はあまりよくないので、暖かい家というのが
他のメーカーより苦手なようです。
ということで、ダイワハウスは無しかな?と思っています。
C値とかQ値は調べたけどよく分かりません


百年住宅
 断熱は良いといっているようですが、家断熱なので夏とかジリジリと
来てなんか厚そうです。
断熱材は発泡ウレタンの吹きつけで断熱性能がいいみたいですね。
でも時間が経つと縮まない??とかなんとなく疑問がありますね。
防音性能は他のところより圧倒してよさそうな気がします(低音の音圧のあるやつは同じかな...)
 丈夫なのは分かりましたが、私は海沿いとかには住まないので、
そこまでの強度は不用ですね。
C値は0.8-1.0cm^2/m^2で結構いいですね。
Q値は不明です


一条工務店
とりあえず、展示場に行った時には知らないメーカーだったので調査してみました。
展示場の営業の人が言ってた通り、調べるほどマニアックな会社ですね。
C値とQ値を比較したサイトがありました
http://www.towntv.co.jp/2009/11/cq.php
これを見たとき、なんだ、この圧倒的性能は!とか思ってしまいました。
この断熱性能にロスガードの熱効率が良い全熱交換、空気を温めて室内に入れる
全館床暖房が安い
全窓樹脂の★4の断熱ガラス
と断熱性能は他のHMを圧倒していますね。
 確かに調べると住民の評判は特に冬は暖かい、深夜電力で床暖房をつけて
後は止めているけど、それでも暖かいとか。普通の家じゃあり得ん感想ばかりでした。
これはスゴイ。
ただ、ロスガード(というか全熱交換)の欠点で、匂いまで交換されるという事ですが、
住民曰く気にならないということでした。まー、僅か1-2%匂いが戻っても90%以上匂いが
除去されてくるわけなので、特に気にならないような気がします。
 いろいろ調べると床暖房も全館で、お風呂場廊下まで全部入っているというのは
ちょっと私の常識外でした。しかも、床から温めるので部屋の上中下とも均一な温度らしいです。
一方我が家は、エアコン+サーキュレーターでもLDKの床は寒い。。。
窓際は近寄れない。。。という状況です。
 更に引き出し付クローゼットなど、システムクローゼット、パントリーなども全部標準でついてきて
収納も抜群
断熱材が分厚くあるので、防音も良かったです。鉄筋の我が家比でもかなり静かでした。
住民曰く、雨の音は全く聞こえなくて逆に洗濯物を干しているときは困る(笑)らしいです。
 ちなみに、L字キッチンに関して言うと、一条が一番収納力がありました(オリジナルらしい)
ただし、見た目が。。。ちょっと。。。。。
セゾンとかはなんか古い屋敷みたいな感じだし
i-cubeは相方がNG連発しました。
 まーここら辺は好みですね。古いデザインといっても、自分が歳をとって古い人間になった時に
ちょうどよくなるような気もします。逆にモダンな流行の家を作っちゃったら
十年後二十年後。あちゃーーな家になってそうな気もします。
 あとは、内装の付け方が若干気になりました。展示場だけかもしれないですが、
収納のドアが若干ずれています。
 そして何より特徴があるというのがいいですね。たとえthe一条になったとしても

 ということで、調べると一条工務店が家の断熱性能や収納力(価格と快適さ比率)が良いということが
分かりました。
デザインは今二つというのを我慢ずれば、住んで満足する事間違いない気がします。
ただ、相方はデザインが気に入らないらしく、説得をしないといけませんorz
そろそろ歳でローンも長期間できないし。。
ということで、家を建てるハウスメーカーをいろいろと考えてみました。

ハウスメーカーといえば、売り上げランキングの順番でググると2010年度で
積水ハウス
ダイワハウス
住友林業
積水化学工業
旭化成
ミサワホーム
パナホーム
一条工務店
三井ホーム
タマホーム

という感じです。

一条工務店以外はよく耳にするメーカーですね。

とりあえず、住宅展示場に行っていくつか見てきた感想です。


ダイワハウス
とりあえず、一番端っこにあったので入ってみました
ダイワハウスは結構モダンで大胆な感じが受けました(逆に住みにくそう。。)
サッシはアルミ?
制振技術として、パネルに粘弾性体が付けられていて、揺れるとその粘弾性体に熱に変換して
力を減衰させる方式のようです。
用は運動エネルギーを熱に変換するやつですね。
ゴムボールが置いてあって、スーパーボールとその粘弾性体を地面に叩きつけて、
その跳ね返り具合を見て、その威力を感じるというのがありました。
たしかに、スーパーボールは当然飛び上がるのですが、問題のゴムは全力で叩きつけても
数センチしか飛び上がりません。
これは面白いですね。


住友林業
住友林業はなんとなく高級というイメージがあります。
ただ、特徴があまりないような期もしました(私だけ?)
「きこりん」のイメージは強いですが(^^;
サッシは内側樹脂、外側アルミのハイブリッドらしいです。
内側が樹脂サッシなのは結露とか少なそうでいいですね。
林業という名前なので当然木造です



パナホーム
パナホームもブランドイメージは結構いいです。
ただし、私はソニー派です(笑)
ついた営業が若いせいか、あんまりたいした説明はしてくれなかったですが、
換気システムが他と違っているようです。
他のところは、中→外に換気扇がある第三種換気なのに対して
ここは、外→中に向けて換気扇がある第二種換気だそうです。
そして、基礎付近の空気を取り入れることにより、外気と比較して夏涼しい、冬暖かい空気が
中に入っているそうです。
ただ、中が正圧になって室内の空気が家のスキマから出て行くと思いますが、
湿気とかが壁の中に入らないのかな??という心配が。。


旭化成
へーベルハウスで有名なところですね。
ここはいろいろ素材の技術を持っていて、
非常に高断熱な断熱材のネオマフォーム
非常に火にも物理的な力にも強いパワーボード
名前と同じ、ALCコンクリートのへーベル。断熱性もコンクリートと比較したらいいみたいです
木などには遠く及びませんが。



百年住宅
コンクリートの構造体で100年持つ。地震に強いという触れ込みです。
PCパネルで断熱性もいいとか
更に、発泡ウレタンで吹きつけの断熱材もいいとか。
遮音性も重たいのでよさそうですね。
耐熱性については、室外の火は燃えなさそうですが、室内の火は
熱が篭って、とんでもなく良く焼けそうな気がします。
外から熱が来ないということは、外にも出ないということですから、構造体が無傷でも
内装が全部焼けますよ、熱で
ただ、コンクリートなので若干高いのと、発泡ウレタンがあるとはいえ、鉄筋コンクリートの
外壁なので蓄熱された熱が深夜ちょっとずつ放熱するのには変わりないですね。




一条工務店
ここは、唯一知らない名前のメーカーでした。
宣伝をしなくてその分家の価格に反映しているとか。でも展示場は沢山あるので
普通のHMの半分くらいってところでしょうか。
このメーカーは変わってて、数々の独自技術を開発しています。
EPSの分厚い断熱材とI-HEAD工法で、C値Q値が大手の中ではNO.1
ロスガードという効率90%で、湿度もある程度調整(効率70%だとか)する全熱交換(業界TOPクラス)
安価な免震システム(業界NO1とか)
全館床暖房が安い(評判を見るとかなりイイらしい)
後は、最近増えてきた
樹脂のアルゴン入りペアガラス
キッチンやテレビボード、洗面、カップボードもすべてオリジナルの自社生産だとか。
ということで、なんか妙にハイテク?ハウスメーカーですね。
ただ、噂だとデザインがダサい(古い)とか、住設とかがオリジナルでちょっとしょぼい?という話があります。
確かに、洋風の家は腰板とか、昔の洋館に出てきそうな雰囲気です。
 まー、最初に行った時は知らない会社なので、話半分で聞いていました(笑)

というのがファーストインプレッションです


肝心の積水ハウスに行ってないじゃん!!というのはご愛嬌
最近暑くなってきましたよねー
暑い暑い

私は暑いのは強いので、起きて普通の時は平気なのですが、
寝る時が寝苦しいです。
おきている時もパソコンとDVDレコーダーや6.1chアンプを付けたらもう暑い暑い
更に、PS3をつけたらトドメの灼熱地獄です。
あとは、オーブンを使うともうムンムンです。窓を開けても35度を下回らない時も、
閉めたら余裕です。

去年圧力に負けて買った時のデータです。
よって、データも去年なので悪しからず。。。
エアコンを買うに当たりまず悩むのはどれにすればいいの?というのですよね。

目安となる主なポイントは

出力性能
エコ性能
騒音
付加機能
設置サイズ

とかでしょうか。

設置サイズとか騒音はカタログを見ればいいので、今回書きません。

まず、エアコンの性能の要、出力について考えてみます。
どのくらいのサイズを選べばいいのか、というのが部屋のサイズとか条件によって違いますよね。
家電店だとエアコンの何畳対応とか書いてありますよね?あれが基本です。
木造と鉄筋によって畳数が違います。当然木造の方が気密性が悪いので、大出力が欲しくなります。
エアコンの出力を大体で分類すると、
6畳用、8畳用、10畳用、12畳用、14畳用、16畳用、20畳用、23畳用
とかがあります。

大体何畳用と書いてあるのは、そのエアコンの最大能力を示しています。
つまり、14畳の部屋だからって14畳用を買うと、エアコンが効かないぞ!とか
痛い目に合う可能性があります。

たとえば、
・角部屋
・最上階
・窓が大きい
・スキマが多い
・壁が薄い

などの人はもう1サイズか2サイズくらい大きめが良いでしょう。
特に最上階の人は夏は太陽の日差しが中までガツンときます。
角部屋で鉄筋の人は物件によって、壁がかなり冷たくなったり。。


メーカーの特徴
三菱
・ムーブアイFITが、人を避けて風をあてたり、人に当てたり、温度ムラがある場所を
集中的に風向を制御して当たるようになっている
・フラップが2分割して独立で動くのは三菱だけ
・湿度と気温を両方自動でコントロール且つ、指定できる
・温度設定が0.5度
・停止時に風が止まらないので、特に暖房時風が当たるところにいると寒い
 目にあたると目が乾く
・ヤマダは三菱を押していた。富士通ゼネラルはあんまりやる気なさそう


富士通ゼネラル
・暖房能力は同クラスでは他メーカーよりダントツ良い
・暖房能力高いけど、消費電力は同じなので七不思議の一つで、
消費電力が同じなら能力がそんなに変わるとも思えないから、測定上のマジック?
・フラップ風向が一番右/左、一番上/下の状態にすると、かってに一段階元に戻る
 これが不便
・風の向きひ170度書いてあったが、実際は120度くらいしかないんじゃないか、
というくらい狭い
・温度が設定値になると、室内ファンが止まるので余分が風が嫌いな人向き
・音声ガイドで、今の温度や設定したことなどしゃべってくれるのは、予想以上に便利

ダイキン
・中身は富士通ゼネラルのORMらしい
・その関係で、ダイキンと富士通ゼネラルを両方ちゃんと扱っている店が少ない
・ジョーシンはダイキン寄り、ヤマダは富士通ゼネラル寄り


パナソニック
・オールマイティーです無難?
・ナノイー付


日立
・暖房に強い
・取り扱い店が少ない

東芝
・単品並の高性能空気清浄機がついている
・フィルター掃除が全自動
・14畳以下ようは、最小動作時の消費電力が一番少ないので
実質的に一番省エネ?

サンヨー
・アレ?あんまり見かけないような。。。


ということで、我が家ではエアコンの風が直接当たるのがいやなので、
風をよけてくれる三菱のムーブアイFITか、富士通ゼネラルで悩みました。
結局、見せ掛け上の暖房能力につられて、富士通を選びました(^^;

 去年買ったので、暖房・冷房を使ってみたのですが、
部屋よりも2サイズくらい大きいものを購入したため、初期の立ち上がりは
素晴らしく早いです。
暖房も冷房も直ぐに部屋を冷暖房してくれます。
 ただ、暖房細長い部屋の構造上安定するとエアコンの遠いところから
スースー、窓からスースーと冷たい空気が入ってきます。。。
サーキュレーターを駆使して長時間かけていると、温度が安定します。
 冷房は部屋の隅まで冷えます。

 難点は、富士通はエアコンの風が止まると書いてありましたが、
暖房時ほとんどのケースで風が出っ放しで、その風が体にあたって
寒いです。どのエアコンも同じなのですが、この風はなんとかならないもんですかね。。。
 この点から、風をよけてくれる三菱の方がよかったかも?と
若干後悔しています。

 いろいろ書きましたが、ぶっちゃけエアコンはとにかく冷えたり暖かくなればいい
という人は出力と電圧(100V/200V)だけを気にすれば、どれも同じです(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。